人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

開発に4年!〝中生〟のような口当たりと泡立ちを実現したアサヒビールの「生ジョッキ缶」

2021.04.28

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』

生ジョッキ缶

 巣ごもりで〝家飲み派〟が急増しているが、ビール党にとって目下の悩みは、店のジョッキで飲む樽生ビールのような、あの旨さを味わえないことだろう。

 そんなモヤモヤを吹き飛ばすのが、4月に発売される日本初の生ジョッキ缶を採用した『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』だ。缶ビールなのに、何とフタが全開。さらに生ビールのようなきめ細かい泡が自然に湧き出て、ジョッキ感覚でゴクゴク飲める。

 生ジョッキ缶のメリットは、飲みやすさだけではない。缶の内側に特殊塗料が施されており、従来の缶からビールをグラスに注いだ時よりも泡がきめ細かくクリーミーに。しかも、麦芽の香り立ちが良く、缶のまま飲むことによって保冷効果があり、炭酸ガス圧も維持されるという。いいこと尽くめだ。

 フルオープンとなったフタには万全の安全を期している。

「開栓したフタと缶体の飲み口は、飲料缶では初採用の〝ダブルセーフティー構造〟にしました。手や口を切る恐れはなく、安心して飲んでいただけます」(アサヒビール・広報担当者)

 お店の生ビールに近い旨さを実現したジョッキ缶が、家飲みをもっと楽しくしてくれるはずだ。

 ひと足先に試飲をしたが、湧き立つ泡とジョッキ感は店で飲む生ビールと互角の旨さ。この新しいビール体験、評価次第でほかのメーカーも追従するかもしれない。

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』

缶内に施した特殊塗料とカルデラ状の凹凸によって発泡が増大。フタを開けた瞬間から湧き出るような泡立ちを実現した。『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』は4月20日発売(コンビニでは4月6日先行発売)。

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』

取材・文/安藤政弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。