人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

将来は癒しの空間に!?コロナ禍と自動運転開発で見直される「ウェルネスカー」としてのクルマの価値

2021.04.27

ウェルネスカー

 コロナ禍で自動車利用が拡大する中、自動車業界では「ヘルス・ウェルネス・ウェルビーイング」が注目されている。

 パナソニック オートモーティブシステムズ アメリカのスコット・キルヒナー社長は、今年のCESで、「2020年、一夜にして自動車の役割が変わった。自動車は第2の家となり、安全な避難場所のひとつになった。(中略)パナソニックは、自動車を第2の家にすることに力を注いでいる」と述べ、車内環境向上を目指す取り組みを多数発表した。

 また、キア(起亜自動車)とヒュンダイ(現代自動車)は以前からドライバーの感情状態に反応するAIを搭載したコンセプトカーを開発している。アウディはフィットネスメーカーのTechnogymと「ウェルネスモード」を開発しており、BMWはドライバーの状態に合わせ自動で音楽、空調、照明などを調整する機能を「BMW Operating System 7.0」で採用した。

 クルマにウェルネスを求める動きは以前からあったが、パンデミックがクルマの価値の見直しを迫り、全く違うニーズが顕在化した。今後、自動運転の進化と相まって、車内のデザインは「コックピット」ではなく「プライベート空間」として再認識されていくだろう。

 家電メーカーも未来のクルマの開発に注力している。選ぶ基準が大きく変わることになるだけに、意外な企業が自動車のトップメーカーに躍り出る可能性もある。

パナソニック

パナソニックがキーテクノロジーと位置付けているのが「SPYDRプラットフォーム」。Android 11を採用し、最大11台のディスプレイを個別に稼働させ、コンテンツを表示させることができる。

リンカーン

以前は馬力と重量感をアピールしていたリンカーンだが、顧客全員が瞑想・睡眠アプリ「Calm」を1年間無料で利用できるようにするなどウェルネス志向の高級車ブランドへ変わりつつある。

取材・文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。