小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

転職希望の若手ビジネスパーソンの9割以上が「安定した仕事」への転職を希望

2021.04.20

「安定した仕事」の定義って何?転職希望の若手ビジネスパーソン575人に聞いてみた

“やりたい仕事がある”、というより“今の給与に不満”“会社の将来に不安を感じる”などネガティブな理由で転職する人は少なくない。なかには、コロナ禍によってやむなく新しい職を探すことになった人もいることだろう。

では、実際に現在求職中の若手人材は、転職活動にどのように向き合っているのだろうか。

そこでこのほど、株式会社MAPによる、転職希望者男⼥(20代~30代)575名を対象にした「安定した仕事に関する意識調査」が実施されたので、その結果を紹介していきたい。

求職者の9割以上が「安定した仕事」への転職を希望

「安定した仕事(働き⽅)」をしたいと思いますか?と質問したところ、「かなり思う」、「どちらかといえば思う」と回答した⼈の割合は全体の96.1%にのぼり、「思わない」と答えた⼈はわずか1.6%だった。

企業に属さず働くフリーランスや副業⼈材の増加、パラレルキャリア構築意識の⾼まりなど、働き⽅の多様化が進んでいるが、転職活動中の若⼿は依然として「安定した仕事」を求める傾向が強いことが伺える。

回答者の中には「フリーターだった為コロナで解雇されてしまい、正社員の職につきたくなった」(25歳・⼥性)など、新型コロナウイルスの影響で転職せざるを得ない⼈もおり、職を失った経験から安定を求める気持ちが強まったという意⾒も挙がった。

有名企業・⼤企業などを希望する「⼤⼿志向」は少ない

「安定した仕事」に持つイメージは⼈によって異なる。具体的にどのような要素を「安定した仕事」と考えるのかを質問したところ、「福利厚⽣・社内制度が整っていること」と回答した⼈が64.5%と最も多く、「正社員(正規雇⽤)である」62%、「給与や賞与の⽔準が⾼い」48.6%の順に多くなっている。

待遇や環境⾯に注⽬する声が多い⼀⽅で「業界最⼤⼿・上場企業他の有名企業」と答えた⼈は9%「会社に歴史がある」3.1%、「社員数が多い企業」2.7%と、企業の知名度や規模にこだわる「⼤⼿志向」の⼈はわずかだった。

また、⼥性の46.1%が「結婚・出産を経ても働き続けられる」と回答したのに対し、男性ではわずか6.6%という結果に。

⻑期的なキャリア形成を⾒据えたものとなる若⼿の転職活動では、ライフイベントの影響を受けやすい⼥性のほうがより「⻑く働き続けられる仕事(会社)」に安定を⾒出している様⼦が伺える。

安定した仕事に就くための⾏動「何もしていない」がトップ

「安定した仕事に就くために何か⾏動していますか︖」という質問に対しては32.5%の⼈が「企業/業界研究などの情報収集」と答えたものの、最も多い回答は「特に何もしていない」34.1%だった。

何もしていないと回答した⼈の中には「IT業界に興味がありますが、何から⼿をつければいいのかわからず、何もしていません」(27歳・男性)といった意⾒も。

安定した働き⽅を強く望んでいながら、実現するための具体的な⽅法がわからず、⾏動に移せずにいる様⼦が伺える。

総括「若⼿⼈材不⾜は依然として変わらず、社会全体で問題解決を」

MAPグループが実施した2019年の調査では、転職理由として「やりたい仕事がある」をあげる若者が多く⾒られました。

しかし2021年は「現職の給与に不満」「会社の将来に不安がある」というネガティブな要因で転職する⼈が増加しており、コロナ不況に起因する意識の変化が伺えます。

調査結果が⽰す通り、安定した仕事を求めるものの具体的な⽅法が分からず⾏動に移せない若者は多く存在します。コロナ関連失業者数は増加の⼀途を辿っていますが、未経験可の正社員求⼈は減少しており、失業者の早期キャリアチェンジは難しいのが現状です。

このような状況下に安定した職が得られないことを「⾃⼰責任」として⽚づけるのではなく、企業が率先してスキルアップの機会作りや育成体制の整備を進め、社会全体で失業者⽀援と未来を担う若⼿⼈材の育成に取り組みたいものです。

コロナ不況による⼀時的な採⽤縮⼩の傾向はあるものの、中⼩企業の慢性的な⼈⼿不⾜に変わりはありません。今後の要員計画には、事業フェーズに応じたワークシェアリングや複業⼈材の活⽤など、柔軟な対応も必要になるでしょう。

(コロナ関連失業者⽀援事業「安定のお仕事」担当︓北村敏爵氏)

<調査概要>
調査内容キャリア⾯談事前アンケート
調査対象:MAPグループ転職⽀援サービス登録者の20〜34歳
有効回答数:575名(男性196名⼥性379名)
調査⽅法:⾯談時にアンケートフォームへの⼊⼒⽅式で実施(設問1、2は複数選択可)
調査期間:2021年1⽉26⽇〜3⽉9⽇

出典元:株式会社MAP
https://map-on.co.jp/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。