小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4月からスタートした「総額表示」義務化で問われる企業の戦略性

2021.04.17

4月から消費税を含めた支払額である『総額表示』が義務化された。これについて三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

4月より『総額表示』義務化

4月1日から商品・サービスの価格表示で税抜き価格、消費税額併記は可能だが、消費税を含めた支払額である『総額表示』が義務化された。『総額表示』は顧客がわかりやすい反面、税抜きの本体価格に慣れた消費者が、値上がりしたように感じて、買い控えを招かないか懸念されている。

この義務化に対して、値下げ、値上げ、据え置きなど外食や小売りなどの企業の対応は分かれている。価格設定は今後の業績に大きく影響を与えるため、『総額表示』での企業の価格戦略が注目される。

『総額表示』への対応分かれる

ファーストリテイリングは3月4日に「ユニクロ」、「ジーユー」ブランドについて、3月12日から、すべての商品価格を『総額表示』に変更し、これまでの商品本体価格を、そのまま消費税込みの価格にすることを発表した。

約9%の値下げをしたことになる。売り上げが他社比好調の中でのこの決定には驚きの声が上がっており、ここでライバル企業を引き離すためとみられている。

一方、外食産業は税引き価格しか提示していなかった企業が多く、新型コロナで打撃を受け値下げも難しく対応に苦慮している。

価格表示を工夫して据え置いたり、モスフードサービスやトリドールホールディングスが運営する「丸亀製麺」などは一部商品を値上げして、足元の原材料価格のコスト上昇分などを転嫁する動きもある。

【今後の展開】『総額表示』の価格設定の巧拙が今後の業績を左右

『総額表示』中心となった場合、価格設定で企業の戦略性が問われる。『総額表示』での価格設定は、価格を下げても顧客が集まれば利益が増える可能性があるし、価格を上げても顧客離れが進めば利益が減少する場合もあるなど単純ではなく、価格設定の巧拙は今後の業績を大きく左右するとみられる。消費関連企業の『総額表示』義務化への対応が注目される。
※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。