人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スポーツジムで使いたくなる!ANC搭載でパーソナルサウンドにも対応したScullcandyの完全ワイヤレスイヤホン「IndyANC」

2021.04.18

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

マスクとの相性抜群の完全ワイヤレスイヤホン

新しい生活様式にはマスクが欠かせないが、これと相性がいいのが完全ワイヤレスイヤホンだ。邪魔になるケーブルが一切ないのでマスクの着脱が容易である。さらにANC(Active Noise Cancellation)機能があれば、音楽を聞かない時にも騒音から解放される。最近はU5000円モデルにも搭載されているが、その効果はピンキリ、失敗したくないなら信頼できるメーカーの製品から選びたい。

そこで注目したのがScullcandy「INDY ANC TRUE BLACK」である。人気モデルIndyにANCを搭載、さらに便利な外音取り込み機能も追加された。また、トレンドのパーソナルサウンドにも対応と音質向上にも抜かりはない。その実力をスポーツクラブでチェックしてみた。

BLACKのパッケージの中央にGREENの文字でANC対応をアピール

内容物は充電器兼用ケース、イヤーチップ、充電用ケーブル、マニュアル

詳しい説明は同社のサイトに英語の動画でアップされている

ドライバーを6mmから12mmに大口径化!

Scullcandyの魅力と言えば、たっぷりとした重低音。これを支えているドライバーがIndyANCで大口径化された。Indyが6mmだったのに対して2倍の12mmを搭載しながら、外観はIndyANCの方がスリムに見えるように進化している。

音のバランスはドンシャリのシャリがやや弱めで耳に刺さらない。低音は量感があって、歯切れが悪くならないギリギリまで攻めた感じだ。これを聞いて低音不足と思う人はいないだろうが、さらにパーソナルサウンド機能で、自分の耳に合った特性にカスタマイズできる。

ANCの効果は特に低音に効果を発揮。電車の走行音に効果があることはよく知られているが、スポーツクラブのジムで使っても効果を実感できた。ジムにはトレッドミルと呼ばれるランニングマシンがあり、これの走行音がかなり耳障りである。私は主にフィットネスバイクを使っているのだが、ダンダンダンという走っている人の騒音が気になる。IndyANCを使うとこのトレッドミルの低音が低減され、気分が上がるのだ。話し声などの中高域のノイズ低減効果は弱くなるが、ジムで私語を交わす人はいないため、マシンの騒音が抑えられるだけで快適だ。もちろんテンポのいい音楽を聞けばさらにワークアウトが楽しくなる。

充電ケースへの出し入れでBluetooth接続とイヤホンのON/OFFが自動的におこなわれる

パーソナルサウンドは音場感に効果アリ!

パーソナルサウンドはON/OFFできるので、その効果を手軽に比較できる。ONにしてまず分かることはボーカルがしっかりとセンターに定位してブレないこと。左右の耳に感度の差があると、どちらかにボーカルが寄っているのだが、比較しないと気付かないだろう。

次に楽器の音のバランスが変化する。例えばコントラバスの低音が前に出てくるとか。ピアノの音がクッキリと引き締まってよく聞こえるとか。音の帯域ごとに感度が違っていたため、楽器が正しいバランスで聞こえていなかったことに気付く。音量を上げなくても全体のバランスが良くなっているので音楽の細部が聞きやすくなっている。パーソナルサウンド、メリットはあって、デメリットなし、これからもどんどん広まっていくに違いない。

パーソナルサウンド機能をONにすると測定が始まる

測定はシンプルで音が聞こえるかどうかを判断してボタンをタップする

左右の耳で測定が終わるとパーソナルサウンドプロファイルが自動作成される

完成したパーソナルサウンドファイルに合わせて再生音が最適化される

ちなみに昨年、違うモデルで測定した時は左右の耳でこんなに特性に差があった

忘れ物防止タグTileに対応

完全ワイヤレスイヤホンの弱点の1つに小型軽量なので紛失しやすいことがある。解決手段としてIndyANCが選んだのが、Bluetoothで探し物を発見できるTile( https://thetileapp.jp )である。ScullcandyはTileのプラットフォームパートナーになっているため、専用アプリを使ってIndyANCを探せる。具体的にはペアリング作業をおこない、アプリから「探す」をタップするとイヤホンが鳴るという仕組みだ。

室内ではもちろん、屋外でもコミュニティーで探したり、サクセスポイントという仕組みを使って見つけたり、最後に置いた場所を地図上に表示できる。通常はTile用のタグを付けるのだが、IndyANCは最初からこの機能を内蔵しているため、アプリにイヤホンを登録するだけでTileを使えるのだ。

Tileアプリをスマホにインストール、Tile対応デバイスを起動する

Scullcandyを選択してIndySeriesからIndyANCを選ぶ

IndyANCをタップするとTileがイヤホンの探索を開始

IndyANCが発見されてピッピッピッと音が鳴る

一度、設定すればTileにIndyANCが登録される

写真・文/ゴン川野

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。