人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

店舗や施設で行なっている3密対策TOP3、3位入口のドアを開ける、2位窓を開ける、1位は?

2021.04.16

店舗・施設で行っている3密対策TOP3、3位入口のドアを開けておく、2位窓を開けておく、1位は?

このご時世、店舗や施設のオーナーは大変だ。コロナ禍で客足が遠のいているのはもちろんのこと、人数制限をかけたり、入り口にアルコール消毒液や検温の機械を設置したり、換気を定期的に行ったりと、クラスターが発生しないよう万全の対策を講じなければならない。

株式会社IoTBankではこのほど、全国の店舗・施設オーナーを対象に3密対策に関する意識調査を実施。その結果、換気を中心とした3密対策を続けている店舗・施設でも「行っている対策をアピールしきれていない」という課題が見えてきた。詳細は以下の通り。

店舗・施設で行っている3密対策は?

「換気扇を使う」「窓を開けておく」「入り口のドアを開けておく」「エアコンを使う」など、上位には「換気」関連の項目が並び、3密対策の中では密閉空間にならないように換気を行っている店舗・施設が多いことが判明した。

店舗・施設において換気タイミングはいつ?

「換気を常時行っている」が約7割、「時間を決めて換気している」が約3割を占めている。

正しい換気タイミングを知りたい?

現状、密閉状態が気になっている店舗・施設では「換気のタイミングがわからない」が約5割、「換気のタイミングがわかると仕事に集中できる」では約6割、「営業中は誰かに換気のタイミングを教えてもらいたい」は約4割だった。

CO2センサーの利用意向は?

室内の二酸化炭素濃度を計測できるCO2センサーについては「非常に使いたい」「まあ使いたい」を合わせ、約4割に利用意向があるという結果に。飲食店に限定すると、半数以上となっている。

自店舗の3密対策を顧客にうまくアピールできているか?

店舗で行っている3密対策を顧客にうまくアピールできているかについての質問だが、うまくアピールできている対策は「特になし」が最多で約6割となった。実際には対策を行っていても、その対策を顧客にどう伝えていくかについて課題を持つ店舗・施設が多い様子がうかがえる。

3密対策を実施して売上への影響は?

3密対策は店舗・施設の売上に影響したのだろうか。約4割が「売上に影響している」と回答。内訳を見ると、小売店で約3割だったのに対し、飲食店では約6割。小売店より飲食店のオーナーの方が売上への影響を大きく感じているという結果となった。

<調査概要>
調査対象:店舗・施設のオーナー(職業は会社経営者・役員/小売店・飲食店・ショップオーナー/自営業)
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル
調査協力会社:ネットエイジア株式会社
調査期間:2021/03/17~2021/03/18

出典元:株式会社IoTBank

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。