人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

超パワフルな4.4ℓ V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し軽量化を追求したBMWのハイパフォーマンスモデル「M5 CS」

2021.04.16

BMW M5 CS

ビー・エム・ダブリューは、Mハイ・パフォーマンス・モデルBMW M5をベースに、現行モデル・ラインアップにおいて最もパワフルなエンジンを搭載し、軽量化を追求した「BMW M5 CS(エムファイブ・シーエス)」を、BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)にて5台限定で販売を行なう。納車は、2021年秋頃を予定している。

BMW M社が開発する高性能マシンMモデルには、2つのカテゴリーがある。1つはサーキットでの走行を可能としたMハイ・パフォーマンス・モデル、もう1つはサーキットで培われた技術を余すことなく取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルである。今回発表のBMW M5 CSはMハイ・パフォーマンス・モデルに位置付けられる。

BMW M5 CSは、ベース・モデルとなるBMW M5 CompetitionにBMW M社によるレーシング・フィールドの昂奮を日常に演出する”CS”専用チューン&スタイリングを採用した限定1,100台の世界限定車。

BMW M5 Competitionの最高出力を10PS(7kW)上回る、635PS(467kW)を発生するBMW Mの歴史の中で最もパワフルな4.4リッターV型8気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンが搭載され、モータースポーツに由来する高回転特性を備え、堂々とした力強さと最高のパワーを発揮し、際立つ性能数値を叩き出している。

ドライブロジック付き8速Mステップトロニック・トランスミッションを装備するBMW M5 CSは、0-100km/hをBMW M5 Competitionよりも0.3秒速い、僅か3.0秒で加速する。

最高の俊敏性

BMW M5 CSは、BMW M5 Competitionに比べ約70kgの軽量化に成功し、専用のシャシー・チューニング、アクティブMディファレンシャルを一括してインテリジェントに制御するM xDriveシステムの採用により、サーキットにおける並外れた性能を発揮。

M xDriveシステムは、後輪駆動を重視した基本設定の可変式4輪駆動モード(4WD)から、純粋な後輪駆動設定(2WD)へと、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)の介入なしにクルマのハンドリング特性の段階的な変更を可能にしている。

これにより、高性能セダンの日常での実用性を一切損なうことなく、卓越したハンドリング、ダイナミクス、ドライビング・プレジャーが、ドライバーに提供される。

BMW M5 CSは、BMW M5 Competitionのシャシーをベースにして作られ、7mm低い車高と、BMW M8グラン クーペ用に開発されたショック・アブソーバーを装備。

このダンパーは、特に高速道路走行時の乗り心地を高めることに加え、ホイール荷重の変動を抑えて、限界域でのハンドリングを大きく向上。その結果、日常使用での直観的な運転のしやすさが維持されたまま、サーキットでの過酷な走行においても、よりいっそう正確な応答性が得られている。

Mカーボン・セラミック・ブレーキを標準装備

BMW M5 CSに標準装備となるMカーボン・セラミック・ブレーキは、卓越した制動力を発揮。フロントの6ピストン固定キャリパー・ユニットと、リヤのシングル・ピストン・フローティング・キャリパーには、Mロゴがあしらわれている。

Mカーボン・セラミック・ブレーキは、BMW M5 Competitionに標準装備のMコンパウンド・ブレーキよりも約23kg軽量であり、バネ下重量と回転質量をさらに削減することが可能となり、ドライビング・ダイナミクスとサスペンション快適性が向上。このブレーキは、制動力、耐フェード性、熱安定性が高く、耐摩耗性能にも優れている。

魅了する数々のデザイン・エレメントの採用

BMW M5 CSは、ゴールド・ブロンズのエクスクルーシブなアクセントと、炭素繊維強化樹脂(CFRP)製のボディ・エレメントにより、BMW M5 Competitionとは一線を画している。

BMW M5 CSのBMWキドニー・グリルはゴールド・ブロンズで仕上げられており、グリル内の「M5 CS」バッジ、フロント・フェンダーのMギル、ドア・シル・プレートには照明付きの「M5 CS」バッジが備わっている。

BMW M5 CSのエンジン・フードは、全体がCFRP製で、エア・ベントはカーボン・ファイバー模様で仕上げられている。

フロント・エプロンのスプリッター、ドア・ミラー・キャップ、トランク・リッド上のリヤ・スポイラー、およびリヤ・ディフューザーも、CFRP製であり、これらのパーツは空力的機能に加え、フルカラーのMロゴ付きMパワー・エンジン・カバーやカーボン・ファイバー模様仕上げのインテーク・サイレンサーと同じく、BMW M5 Competitionに対して約70kgの軽量化を実現することにも役立っている。

M5 CSスポーツ・エグゾースト・システムの4本のステンレス・スチール製テールパイプの外観は、BMW M5 Competitionに比べ、よりアグレッシブなデザインになっている。

レーシング・フィールを最大限に享受する数々のCS専用インテリア

インテリアはフロントにCS専用のカーボン・バケット・シートを装着すると同時に、リヤ・シートもCS専用の軽量2座独立シートとすることで、大幅な軽量化を実現。

CS専用のMアルカンタラ・ステアリング・ホィールにはカーボン製のシフト・パドル・スイッチが装着され、ダーク・カーボン・アルミ・インテリア・トリムやドア・シル・プレートの”CS”ロゴとあいまってドライバーにレーシング・フィールドさながらのスポーティ感を演出した。

エグゾースト・システムによる感情に訴える豊かなサウンド・トラック

BMW M5 CSのスポーツ・エグゾースト・システムは、BMW Mならではの感情に訴えるサウンド・トラックを発生させ、エンジンの直線的なパワーの立ち上がりと高回転型の特性を強調。

2本に分岐してフラップで制御されるシステムは、エンジン音を増幅し、よりスポーティで明快なフィードバックをもたらすように設計され、より広い音域で、より感情に訴える力強いサウンドを車外に響かせている。

サウンドは、エンジン特性に影響を与えるさまざまなモードにより変化し、SPORT+ では特にパワフルな音色になる。

主な車両諸元

■ BMW M5 CS
全長5,000mm、全幅1,905mm、全高1,475mm、ホイールベース 2,980mm、車両重量1,840kg、車両総重量2,060kg、排気量4,394cc、V型8気筒ガソリン・エンジン、最高出力635PS(467kW)/6,000rpm、最大トルク750Nm/1,800rpm-5,950rpm。

関連情報:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。