小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブームはどこへ行った?Clubhouseの認知率が7割程度で横ばいが続く

2021.04.13

一時期のお祭り騒ぎがウソのように、水を打ったように静まり返っている「Clubhouse」界隈。

単にブームが沈静化しただけなのか、それとも、ある程度「文化」として定着したために騒ぎ立てるほどのことでもなくなったのか……。

そんな「Clubhouse」の“今”を知る定点観察的な調査がスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」により行われているので、最新版にあたる第4回目調査(2月20日に実施)、第5回調査(2月27日に実施)の結果を紹介していきたい。

1.認知は約7割で安定

5回目となる最新の調査結果では、Clubhouseの認知率は69%と、約7割の人が認知していた。 1月末に実施した1回目調査から、2月上旬に実施した2回目・3回目調査までは認知に大幅な伸びがみられたが、4回目(2/20実施)と5回目(2/27実施)の調査では大きな変化はみられず横ばいとなった。

年代別にみると、10-30代の認知のほうが40-50代に比べると高い傾向はあるものの、10代から50代までどの年代でも6~8割程度の認知となり、各年代にすっかり認知が浸透したのがわかる。 iOSにしか対応していないアプリが、1ヶ月で幅広い年代の過半数以上の認知を得たという点では、Clubhouseの類いまれなる初速の強さを感じさせる結果となっている。

2.利用率は7%で横ばい

つぎに、Clubhouseの利用経験者※1の割合をみてみよう。

今回5回目調査では、全体での利用経験者の割合は7%となっている。利用経験者の割合は3回目調査(2/13実施)以降、大きな変化はないようだ。しかし、年代別の利用者の割合は調査実施毎にばらつきがみられる、

3回目調査(2/13実施)時点では10代・20代の利用率が多く、今回の5回目調査(2/27実施)時点では20代・30代が多くなっている。

※1. 「知っていて、使っている」「知っていて、登録もしたが、いま招待まち」「知っているし、利用/招待まち/登録はしたが、いまはやめた」のいずれかを回答した人を利用経験者としている。

3.利用者は固定?入れ替わり?

年代は上の年代に広がってきている様子が見られたが、実際のところどうなのか、もう少し別の角度から見てみよう。職業からみると、学生が減り、パートアルバイトが増え、その他職種についても上がったり下がったりといった推移がみられる。

また、興味あるルームジャンルからみるとどうだろうか。数が少ないため数値は参考程度となるが、現在利用者に絞って見てみよう。

3回目調査(2/13実施)と4回目調査(2/20実施)では、「知識・教養・教育」ジャンルも興味が高い傾向だったが、最新の5回目調査では5位以内には入らなかった。

今回は、「芸能人・有名人」に次いで、「音楽」「エンタメ/映画」などエンターテイメント要素を含むルームジャンルに興味が集まっているようだ。

4.現在利用者の利用意向は6割

このように入れ替わりも感じられるClubhouseの利用者だが、利用している人の今後利用意向を見てみよう。利用意向ありは、約6割と比較的高くなっている。前回調査よりはやや減少はしたが、実際に使っている利用者の過半数以上は今後も使いたいという意向を示す結果にはなっている。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:
第1回 2021年1月30日~1月31日
第2回 2021年2月6日~2月7日
第3回 2021年2月13日~2月14日
第4回 2021年2月20日~2月21日
第5回 2021年2月27日
有効回収数:
第1回 1054サンプル(人口比で性年代割付回収)
第2回 1053サンプル(人口比で性年代割付回収)
第3回 1052サンプル(人口比で性年代割付回収)
第4回 1059サンプル(人口比で性年代割付回収)
第5回 1060サンプル(人口比で性年代割付回収)

※各回フレッシュサンプルで実施
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある。

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。