小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3歳~12歳の子どもがいる母親1000人に聞いた検温と体温計の使用実態

2021.04.14

現在「検温」をしている3~12歳児の母親は約7割、その理由は?

自分と周囲の人を守るために、マスクと消毒液、そして、体温計はこの1年で生活に欠かせないアイテムとなった。特に、世のお母さんたちはこどもの通園先・通学先などで検温を求められるケースもあるので、「新たに体温計を購入した」「使用頻度が増えた」などという人も多いに違いない。

オムロン ヘルスケアではこのほど、3歳~12歳のこどもがいる母親 1,000人を対象に「検温の実態と体温計の使用状況」に関する意識調査を実施した。詳細は以下の通り。

1.現在検温を行っている人は約70%にのぼり、2人に1人は毎日検温をしている

現在ご自身が検温しているかを聞いたところ、69.8%が「はい」と回答した。「はい」と回答した方に、検温の頻度を質問したところ、「毎日している」と回答した方が半数以上となった。

検温を行っている理由は、「新型コロナウイルスにかかっていないかの確認」が41.7%で最も多く、次に「勤務先への報告」が36.1%、「こどもの通園・通学先で保護者の検温が必要」が34.1%となり、新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけに、検温を積極的に取り入れていることがわかった。

2.検温していない人の理由とは?

現在検温を行っていないと回答した方325人に、過去に検温していたかを質問したところ、約30%は新型コロナウイルス感染症拡大時(第1波、第2波)に検温していたと回答しており、新型コロナウイルス感染症が流行しはじめた当初は検温を行うも、長期化することで個人差が出てきていることがわかる。

検温をしていない理由で最も多かった回答は「熱があるとわかる(発熱の自覚症状がある)」が50.8%、次に「習慣がなく忘れる」34.2%となっており、これまでの経験から、発熱時の症状がわかるため、検温を行っていないことがわかった。

3.こどもが検温をしている人は92.3%にのぼり、母親自身の検温(約70%)より多い結果に

現在こどもが検温しているかを質問したところ、92.3%が検温していることがわかった。その理由は、「学校、幼稚園、保育園等への報告」が95.0%となり、提出義務により検温している家庭が多いことがわかる。

また、日々の健康管理のために検温している家庭も13.6%あることがわかった。こどもは7~9歳から自分で測定している家庭が多いこともわかった。

しかし、こどもが自分で検温している家庭の母親806人に、こどもが自分で検温する際に体温が正確に測れていないと感じているかを聞いたところ、60.2%が正確に測れていないと感じると回答している。

4.6割以上の家庭が、体温計を2台以上保有している

家庭にある体温計の台数は、2台が最も多く48.5%であった。2台以上持っている716人の理由は、「紛失したと思い購入」が最も多く26.8%。次に「コロナ禍を理由に追加購入」が19.4%、「衛生面で使い分けるため」に購入しているが10.9%となり、3割以上が新型コロナウイルス感染症によって衛生面での意識が高まったといえる結果となった。

しかし、体温計を外出時に持ち歩いているかを聞いたところ、95.5%が持ち歩いていないと回答。ほとんどの方が家で検温をしていることがわかった。

5.95%の家庭が「わき」で検温する体温計を保有、他の部位と比較して圧倒的に多い

今使用している体温計の種類は「わき」で測るタイプが最も多く、95.0%となった。次に非接触体温計のおでこが15.5%となり、新型コロナウイルスの流行により、新たに購入したことが予測できる。日本では、わきでの検温が浸透していることが見て取れる。

6.現在検温している方の2人に1人は、検温を「家族や周りへの配慮として重要」と捉えている

現在検温している751人の検温する際の意識として当てはまるものは、「健康管理」が最も多く62.8%となり、次いで「家族や周りへの配慮として重要」と回答した方が55.4%という結果になった。

また、今後のご自身とこどもの検温についての意識を聞いたところ、現在自身の検温をしている方は「今後も検温は重要だと思うので続けたい」との回答が62.6%となった。

一方、検温していない方は「計測の義務があれば測るが、義務がなければ測らない」との回答が43.7%となったが、「今後も検温は重要だと思うので続けたい」も24.9%いることがわかり、健康管理における検温の重要性が認知されていることがわかった。

今回の調査で、こどもが自分で検温する際に、体温が正確に測れていないと不安に感じる方が6割以上にのぼった。

そこで、家庭での検温習慣の定着化に向けて、今回の調査で家庭での使用が最も多かった「わき」のペンシルタイプの正しい検温方法を紹介していこう。

<調査概要>
調査目的:新型コロナウイルスの流行で検温の定着や体温計の所持状況、使用実態を調査する。
調査対象:関東、関西在住の3歳~12歳のお子さんがいる女性1,076人20代266人/30代266人/40代272人/50代272人
調査エリア:関東、関西
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年2月8日(月)~2021年2月12日(金)

出典元:オムロンヘルスケア株式会社
https://www.healthcare.omron.co.jp/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。