小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

保活で参考にした情報源TOP3、3位ネット検索、2位役所の担当者、1位は?

2021.04.12

保護者157人に聞いた「保活」で参考にした情報源TOP3、3位ネット検索、2位役所の担当者、1位は?

育休からの仕事復帰を考える人にとって、自治体から寄せられる保育園の合否通知は、今後1年間の家族の未来を占う緊張の瞬間かもしれない。

では、コロナ禍の今、わが子を保育園に入れるための活動「保活」はどのように行われているのだろうか?

そんな「保活」に関する意識調査がこのほど、株式会社クレヨンにより、2021年度春入園に向けて保活を行った保護者157名を対象として実施された。

入りやすくなった? 保育園申請結果、 第一希望認可入園は61%

保育園入園の申請状況について聞いたところ、 61%が第一希望の認可保育園、 20%が第一希望外の認可保育園入園と、 80%強が2021年2月時点で認可保育園への入園が決定していることがわかった。

保活回数別に見ると、 初めての回答者の約76%が第一希望・第一希望外の認可保育園への入園が決定しているという結果に。 自治体によっては二次募集の枠も多く「希望すればどこかに入園できる」という状況が今回のアンケート結果に反映された可能性がある。

<全体>

<回数ごと>

情報収集の方法は「役所の情報」

保育園申請にあたり、 参考にした情報源をたずねたところ「役所の資料」が75%と最も多い結果となった。

保活経験回数別に見てみると、 保活が初めての回答者は役所の情報に加え 「インターネット検索」 の回答が多くなった。一方、2回目以上の回答者は「保活を経験したママ」の情報を参考にしたという回答が多くなった。

今後は、より子供に合った質の高い保育園や知育等のプログラムを取り入れる保育園を、見極めるための情報収集が保活のトレンドになるかもしれない。

<全体>

<回数ごと>

「希望園に通うママの情報」「保育園の口コミ」を求める保活経験者が多数

保活でどのような情報が欲しかったかを聞いたところ「希望保育園に通園中のママの情報」が79%、 「保育園の口コミ」が72%だった。

保育園に関する情報はあまり公開されていない上に、 今年はコロナ禍で、 見学を実施していない、 見学の受け入れ人数を制限している保育園も多かった状況。 保育園の雰囲気がよくわからない保活経験者は特に「保育園の実際の情報」が欲しいと思ったのかもしれない。

保活における動向調査の結果

今回のアンケートから、 約6割が第一希望の保育園に入園しており、全体的に「入りやすい」保活となったということがわかった。

コロナ禍ということもあり、 保育園見学を中止している園も多く「希望園に通うママの情報が欲しい」という回答が多くなった可能性がある。

対して実際の情報収集に関しては、 役所の資料という回答が79%となっており、 レビューやクチコミにアクセスするのが難しいという状況があるようだ。次年度以降も「より良い保育園」を見極めるための情報収集が保活のポイントになるかもしれない。

<調査概要>
調査期間:2021年2月11日~2月28日
調査対象者:2021年度入園に向けて保活をした保護者157名
調査内容:1.保活について
2.保育園入園申込書類申請について
3.保育園選択のトレンド

出典元:株式会社クレヨン
https://fiika.jp/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。