人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

気象データを取得して発電モードを自動調整するパナソニックの戸建用家庭用燃料電池「エネファーム」

2021.04.12

気象データを取得して発電モードを自動調整するパナソニックの戸建用・本州寒冷地向け家庭用燃料電池「エネファーム」

パナソニックは、家庭用燃料電池「エネファーム」の戸建用・本州寒冷地向け新製品(LPガス用)を10月1日より順次発売すると発表した。

エネファームは、都市ガス・LP ガスを燃料に、自宅で発電できるシステム。本製品は、2021年4月発売の戸建て住宅向けエネファームをベースとし、凍結予防仕様の強化によって設置環境温度下限-15度の寒冷地でも使用可能としたモデル。設置可能高度も各補器の制御動作の改良により、従来の700mから800mに引き上げられている。

また、ベースモデルと同様、ウェザーニューズが提供する「停電リスク予測API」を受信すると自動的に発電モードを切り替えて停電に備え、停電発生時には最長で8日間発電を継続するほか、ハイブリッド蓄電システムとの連携により停電時でもリビングやキッチンなど、あらかじめ指定した屋内空間への電力供給が可能になるなど、「もしもの時の備え」としてのレジリエンス機能を、寒冷地向けモデルにも搭載。

さらに、LPWA通信機能を活用して特別なネットワーク設定を行わなくても機器の遠隔監視を実現。例えば、営業拠点から離れた地域や豪雪地帯に設置された機体の状態を現地確認しなくても把握できるようになるなど、保守点検の効率が格段に向上しているとのことだ。

そのほかの主な仕様は、発電出力が300~700W、定格発電効率がLHV 39.0%/HHV 35.9%、定格熱回収効率がLHV 61.0%/HHV 56.2%、定格総合効率がLHV 100.0%/HHV 92.1%。貯湯タンク容量は130L。停電時発電出力は最大500W。

本体サイズは燃料電池ユニットが高さ1,650×幅400×奥行350mm、貯湯ユニットが高さ1,650×幅560×奥行400mm、バックアップ熱源機が高さ750×幅480×奥行250mm。質量は燃料電池ユニットが59kg、貯湯ユニットが48kg、バックアップ熱源機が38kg。

関連情報
https://panasonic.biz/appliance/FC/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。