小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

洗練されたデザインと高い機能性を両立したAEGのIH/ガスクッキングヒーター

2021.04.13

エレクトロラックス・ジャパンは、ドイツの上質なビルトイン家電ブランド「AEG(アーエーゲー)」から、IHクッキングヒーターとガスクッキングヒーターの新製品を4月9日に発売する。

AEGは、ドイツで1883年に創業したビルトイン家電ブランド。外観の美しさと、機能性や革新性を同時に実現する製品づくりが特長で、日本ではビルトイン食器洗い機、電気オーブン、洗濯乾燥機、IH/ガスクッキングヒーター、レンジフードを展開している。

AEGのIHクッキングヒーターは、製品の天面に排熱口がなく、洗練されたシンプルなデザインや、直感的な操作性と高い機能性を両立しているのが特長。

今回発売の製品は、キッチンキャビネットに設ける必要があった排熱口が、独自の技術で不要なったほか、ガラストップの鍋を置く位置を示す円形のラインも、ウィンドミル(風車の形)デザインに一新。また、なべ底のサイズに応じて加熱できるマキシセンス機能も搭載する。

ラインナップは、2口の「AHI326CB」と、3口の「AHI635CB」「AHI735CB」の3製品。価格は「AHI326CB」が220,000円、「AHI635CB」が297,000円、「AHI735CB」が308,000円。

ガスクッキングヒーターは1口の「HG30101B-B」、2口の「HG30201B-B」、4口の「HG60841X」をラインナップ。価格は「HG30101B-B」と「HG30201B-B」が各203,500円、「HG60841X」が175,000円。

1口と2口のモデルは、好みで2口のIHクッキングヒーターと組み合わせて設置することが可能。ガラストップにドイツ・ショット社製の耐熱セラミックガラスを採用するほか、取り外し可能な吸気口カバーを搭載するなど、清掃しやすい仕様となっている。

AEG初の4口タイプは、安全性に配慮し、鍋の移動がしやすい仕様となっているのが特長だ。

関連情報
https://www.aeg-jp.com/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。