小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

プジョー「e-208」とホンダ「Honda e」、最新EV乗ってみたいのはどっち?

2021.04.10

@DIME記事の中から電気自動車に関する記事4本を厳選して紹介。

個性的な顔立ちとインテリアが印象的なホンダの電気自動車「Honda e」の完成度

同社の軽自動車『N-ONE』のイメージに近いフロントマスク。丸型のヘッドライトは外周にデイランニングライトとウインカーが組み込まれている。ドアミラーはカメラ式。ホイールベースは同社の『フィット』と同じだが、全長は100mm短く、全幅は55mm広く、全高は5mm低い。フロントドアのウインドウの下にある小さな黒い部分がサイドミラー用カメラ。

【参考】https://dime.jp/genre/1100400/

心地よさと使いやすさを追求した実用的な電気自動車プジョー「e-208」

ガソリン車と同じデザインだがグリルがカラー化され、ライオンのエンブレムがツートンに。両サイドの縦に長く伸びるデイランニングライトはライオンの牙のイメージ。ホイールベースは先代『208』と同じだが、全長、全幅、全高は若干大きくなった。開発当初からEVとエンジンを動力源とするクルマ造りを目指し、共通のプラットフォームを採用した。

【参考】https://dime.jp/genre/1100351/

レクサス、マツダからも登場!電気自動車はどこまで普及するか?

日産 マツダ

この先、どこまで電気自動車が普及するのか予想がつかないが、自動車メーカーや異業種からの参入組の開発熱は年々高まっている。  日本のメーカーはこれまでハイブリッド車の開発に注力してきた。特にトヨタはその傾向が強かったが、ようやくピュアEVにも目を向け始めた。

【参考】https://dime.jp/genre/1100406/

モダンデザイン、走り、快適性、個性、新世代電気自動車買うならどれ?

ホンダ『ホンダe』

2010年頃から、アメリカのテスラや日産のリーフなどを皮切りに量産が始まった電気自動車。以降、バッテリーの供給問題などもあり、徐々に進化を続けてきた。最近ではユーザーが望む個性を持った「新世代」が続々と登場。大きな話題を集めている『ホンダe』をはじめ、注目株の4車種を紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/1034920/

構成/DIME編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。