人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

回復度合いに地域差!?IMFが世界経済見通しを2回目の上方修正

2021.04.10

国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しの上方修正を発表。これについて、三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

2021年の世界経済見通しは0.5ポイント上方修正

2022年は0.2ポイント上方修正

国際通貨基金(IMF)は6日、最新の世界経済見通しを発表し、2021年の世界の成長率を前年比+6.0%と、前回の1月予測から0.5ポイント上方修正した。

予想の引き上げは前回に続き2回目。上方修正は、新型コロナウイルスのワクチンが先進国や新興国の一部に普及するとの見方や米国などによる景気支援策が想定よりも大型になることを踏まえたもの。先進国の成長予想は0.8ポイントの大幅上方修正となり、新興国も0.4ポイントの上方修正となった。

2022年の予測は前年比+4.4%と、0.2ポイントの上方修正となった。先進国の成長率が前回比で0.5ポイント引き上げられた一方、新興国の成長予想は前回とほぼ同様となった。

回復度合いに地域差

ワクチン普及の差が回復の差に

世界の成長率見通しは引き上げられたが、国・地域により景気の回復度合いに差が生じている。

今回の経済見通しで上方修正の度合いが大きい国は、先進国では米国、新興国ではインド等。米国は新型コロナに対するワクチンの普及が進んでいるほか、バイデン政権の財政支出が大きくなっていることが上方修正の要因と見られる。

新興国でも、今年は中国が前年比+8.4%と高水準の成長見通しとなっているほか、多くの国で景気回復が見込まれている。ただ、来年は、コロナワクチンの普及ペースの遅さや追加的な政策余地の乏しさ等により、見通しが据え置かれた。

【今後の展開】インフレの上昇は過度ではなく、株式の先行き好調を示唆

今回のIMFの経済見通し引き上げは金融市場での見通しに沿った内容と見られ、意外感はないと思われる。今後の金融市場にとって重要なポイントであるインフレについては、米国が今年は前年比+2.3%、来年が同+2.4%、ユーロ圏では今年が同+1.4%、来年が同+1.2%と、比較的落ち着いたものになると見込まれている。

このように、IMFの経済見通しは、新型コロナのリスクを懸念しつつも、高い経済成長と比較的落ち着いたインフレ見通しとなっており、株式市場の上昇トレンドが続くことを示唆する内容と考えられる。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。