小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新婚カップル600人に聞いたパートナーと過ごす時間が今より増えたらやりたいこと

2021.04.07

新婚カップル600人に聞いた、パートナーと過ごす時間が今より増えた場合にしたいこととは?

新婚カップルにとって、パートナーと過ごす時間は、何ものにも代え難い大切なもの。では、コロナ禍において、2人きりの時間が増えた新婚カップルはどれくらいいるのだろうか?

アイロボットジャパンではこのほど、全国の20代~30代の結婚3年目以内の共働き夫婦600人を対象に、「コロナ禍における新婚カップルの時間・家事事情に関する意識調査」を実施。「コロナ禍におけるパートナーと2人で過ごす時間はどのように変わったのか」など、調査結果から見える実態について明らかにした。詳細は以下の通り。

約9割がコロナ禍で、以前と比較してパートナーと2人で過ごす時間が「増えた」と回答

「コロナ禍で、以前と比較して、パートナーと2人で過ごす時間はどのように変化したか」という質問では、88.5%が「増えた」と回答(図表1-1)。

また「パートナーと2人で過ごす時間を今より増やしたいか」という質問では、88.3%が「今より増やしたい」と回答(図表1-2)。特に、コロナ禍で2人で過ごす時間が増えた人の91%が、さらに増やしたいと考えていることがわかった(図表1-3)。

パートナーと2人で過ごす時間が今より1時間/3時間/5時間増えた場合にしたいことは「会話」「料理」「ドライブ」など

パートナーと2人で過ごす時間が、今よりも1時間/3時間/5時間増えた場合にしたいこととしては、以下のような回答が寄せられた。

<1時間増加>

・テレビを見る(20代男性)
・会話(30代男性)
・映画を見る(20代女性)
・食事をする(30代女性)

<3時間増加>

・話す時間を増やす(20代男性)
・料理をする(30代男性)
・ゆっくりお出かけする(20代女性)
・遠出(30代女性)

<5時間増加>

・買い物に行く(20代男性)
・旅行(30代男性)
・ドライブする(20代女性)
・一緒にツーリング(30代女性)

ロボット掃除機ユーザーはパートナーとの時間が非ユーザーと比べて、1日平均50分多い

「1日のうち、パートナーと2人で過ごす時間はどれくらいありますか」という質問では、在宅勤務の時間を含めると平均5.6時間であることがわかった(図表2)。

特に、ロボット掃除機を使用しているユーザーは非ユーザーと比べ、1日平均50分も多いことが判明した。なお、外出時間は週平均1時間、食事時間は週平均0.3時間、運動時間は週平均0.7時間、会話時間は週平均0.2時間も多いということがわかった。

2人に1人が家事の時間について現状より時間を短縮できると回答

「現状より家事時間を短縮できると思うか」という質問では、半数以上(54.2%)が短縮できると回答(図表3)。

具体的に短縮できそうな家事としては、「掃除」「買い物」「料理」など、短縮方法としては、「夫婦で協力する」「ハイテク家電を取り入れる」という声が多く挙げられた。

■主な自由回答

<短縮できると思う内容>

・掃除(20代女性)
・皿洗い(30代女性)
・料理(30代女性)
・買い物(30代男性)
・洗濯(20代男性)

<具体的な短縮方法>

・ハイテク家電を取り入れる(20代男性)
・協力する(30代女性)
・買い物でネット宅配の利用(30代男性)
・料理で作り置きをしておく(30代女性)

3人に1人が床の掃除(掃除機がけ、床拭きなど)がきっかけでパートナーと喧嘩経験あり

「床の掃除(掃除機がけ、床拭きなど)がきっかけでパートナーと喧嘩した経験があるか」という質問では、36.8%が喧嘩経験ありと回答した(図表4)。

※アイロボットジャパン調べ

<調査概要>
調査エリア:全国
調査対象者:結婚3年目以内の共働き夫婦(共にフルタイム勤務)20代~30代の男女
サンプル数:600
調査期間:2021年2月15日~2021年2月17日
調査方法:インターネットリサーチ

出典元:アイロボットジャパン

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。