小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

土鍋ごはん並みのおいしさを1人暮らしでも楽しめるタイガーの圧力IHジャー炊飯器「ご泡火炊き JPD-G060」のお手並み拝見

2021.04.10

TIGERのJPD-G060は圧力IHジャー炊飯器。3.5合の小容量サイズで、土鍋で炊いたようなご飯が楽しめるため、一人暮らしなど少人数のご家庭にも向いています。今回はそんなJPD-G060でご飯を炊いてみました。

JPD-G060の特徴

まずはJPD-G060の特徴をチェックしていきます。

天面にはフタを開けるためのフックボタンと表示パネルと操作パネルがあります。

操作パネルには「時/分」の時間設定キー、保温キー、メニューキー、予約キー、炊飯キー、取消キーの6つを表示。また、メニューや時刻などがデジタルで表示されます。

フックボタンをワンプッシュすることで、フタを開けます。

側面は丸みを帯びたシンプルなデザイン。

背面には注意書きや商品名のほか、電源コードがあります。

電源コードはプラグを引っ張り出すことで長さを調整できます。電源コードを収納する際は、少し引いて戻すと内部に巻き込まれていきます。

「内ふた」には2つの調圧孔と負圧パッキンがあります。親水効果のある加工が施されているため、炊飯後にしずくが付きにくくなっており、水滴が落ちてこないのでつゆだれを防げます。

1度炊飯をしたら内フタの上部に付いているフックを上方向に引くことで、内フタを簡単に取り外せます。

内フタには調圧ボールが2つと安全弁、減圧孔があります。この2つの調圧ボールが炊き上げ時に1.25気圧の圧力をかけ、お米をもちもちとした弾力にし、さらに炊き上げ後は1.05気圧の高温蒸らしによって、べたつきを抑えたごはん粒に仕上げることができます。

なべの内部には白米、冷凍ご飯、麦めし、玄米の目盛りがあります。なべの厚さは約3㎜。内側から遠赤土鍋コーティング、合金アルミと純アルミの複層があり、さらにステンレス、熱伝導性の高いかまどコーティング、蓄熱性の高い土鍋蓄熱コーティングがほどこされています。

これによりお米の甘みがよりいっそう引き出され、炊き上があり後のご飯粒が弾力のある仕上がりになります。

上フタにはスチームキャップがあります。炊飯をしていると、ここから蒸気が噴出します。奥から手前側に起こすと、簡単に取り外すことができました。なべや内ぶたを洗う時は、こちらのスチームキャップも一緒に洗いましょう。

スチームキャップを取り外すとこんな感じ。

本体のほか、内容物は立てることができるしゃもじと、計量カップ(約1合)、麦めしカップ1割用と3割用となっています。

ご飯を炊いてみた!

それではいよいよ、ご飯を炊いてみましょう。炊くご飯は3合。研いだお米を入れた後、水を規定の目盛りまで投入します。

「メニュー」を操作します。今回は白米を炊くので、表示パネルを「白米」に合わせ、「炊飯」を押します。炊飯ボタンを押すと、表示パネルに「約〇分後」と表示され、炊き上がりの時間がわかります。

ちなみに炊飯中の騒音性は約40㏈前後。そこまで大きな音ではありませんが、スチームキャップから蒸気が噴出する時だけ、「ブシュー!」と少し大きな音がします。

44分後……

ご飯が炊き上がりました! 一粒一粒のお米が輝いていて、しゃもじで起こしてみただけで、もっちりとした感触が伝わってきました。

ご飯粒の1つ1つが際立ち、もっちりとしていてべたついた感触はありません。ほおばってみると弾力が感じられ、ほのかな甘みでおいしくいただけました。

炊きあがり後のなべの中のご飯には、均等に熱が伝わっているため、しゃもじで混ぜなくてもOK! ただ炊き上がり後のご飯を混ぜることで、表面のご飯粒についた余分な水分がとんで、より触感が良くなります。

1人~3人暮らしで、ご飯をよりおいしくいただきたいのであれば、JPD-G060はかなりおすすめの圧力IHジャー炊飯器といえるでしょう。

そもそも〝圧力IHジャー炊飯器〟ってなに?

IHとはInduction Heatingの略で、和訳すると電磁誘導加熱のことをさします。外釜のコイルに電流を流し、内なべ自体を発熱させることにより、釜全体が加熱されます。これにより、炊きムラが生じにくいのが特徴。

また、高火力で一気に炊き上げるとおいしいご飯が炊きあがるといわれており、IH式の場合は温度が上がる速度も早いため、高火力でおいしくお米を炊くことができるのです。

さらに圧力をかけることにより、水の沸点を100度以上に上げることができます。これにより高火力で加熱するので、お米の内部まで熱が伝わり、もっちりとした食感にご飯を炊き上げます。加えて、沸騰の勢いが増すと対流が生まれ、その対流によりご飯がかく拌されるため、炊きムラを抑制できるのです。

圧力タイプの炊飯ジャーであれば、一般的なIH式よりも早くご飯を炊き上げることが可能。素早く、おいしいご飯が食べたい方には特におすすめです。

【参照】IH圧力ジャー炊飯器でもっちりごはんが炊ける!おいしさを引き出す機能の特徴

JPD-G060 仕様

品番:JPD-G060
価格:6万5780円
加熱方式:可変W圧力IH
白米の炊飯及び保温米飯容量:0.09~0.63L
最大消費電力:705W
最大炊飯容量:0.63L
年間消費電力量:50.7kWh/年
1回当りの炊飯時消費電力量:115Wh
1時間当りの保温時消費電力量:16.0Wh
サイズ(約):幅22.7㎝×奥行30.5㎝×高さ19.4㎝
本体質量 (約):5.0㎏

【参照】TIGER JPD-G060

取材・文/髙見沢 洸

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。