人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2020年世界の再生可能エネルギー導入容量は260GWを突破、過去最高を記録

2021.04.08

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が2020年、世界の再生可能エネルギー導入容量が過去最高だったと発表した。新型コロナウイルスの世界的な流行にもかかわらず、2020年の世界の再生可能エネルギー導入容量は260GWを越え、前年を50%近く上回った。

フランチェスコ・ラ・カメラIRENA事務局長は再生可能エネルギーの10年の始まりを歓迎している。

新型コロナウイルスのパンデミックの影響で景気の減速が生じたにもかかわらず、2020年の世界の再生可能エネルギー導入容量は、これまでの予測や過去の全記録を上回る結果となった。

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が公表したデータでは、世界の再生可能エネルギー導入容量が昨年比で260ギガワット(GW)以上増加し、2019年の導入量を50%近く上回る伸びとなったことが明らかになっている。

IRENAがまとめた2021年版再生可能エネルギー容量統計によると、新規の電力容量全体における再生可能エネルギーの割合は2年連続で大幅に増加。昨年の新規電力容量の80%以上は再生可能エネルギー由来であり、太陽光と風力がその91%を占めた。

再生可能エネルギーのシェア拡大の一要因として、欧州や北米のほか、ユーラシア(アルメニア、アゼルバイジャン、ジョージア、ロシア、トルコ)でも化石燃料による火力発電からの撤退が始まったことが挙げられる。

化石燃料由来の新規電力容量は前年の64GWから60GWに減少し、化石燃料の伸びの低下傾向は顕著な形で継続している。

「この統計が語っているのは、回復力と希望という注目すべきストーリーです。2020年には難題や不安が発生しましたが、再生可能エネルギーはそれにもかかわらず、より良くより公平、強靭、クリーンで公正な未来への疑いのない楽観的な電源
であることが明白になりました」と、フランチェスコ・ラ・カメラIRENA事務局長は語る。

そして、次のように続けます。

「この重大なリセットは、現在の軌道を繁栄ある経路へと移し変えるための熟考や好機を提供するものであり、それらをつかもうとしている種々のサインも見られます。困難な時期にもかかわらず、我々が予測したとおり、2020年は再生可能エネルギーの10年の始まりをしるす年になりました。

コストの低減、クリーンテック市場の成長、そしたエネルギー転換による利益もこれまでになく明白です。この傾向は止まるところを知りませんが、我々のWorld Energy Transitions Outlook(世界エネルギー転換展望)要覧で明らかになったとおり、やるべきことはまだ山積しています。

我々のの1.5℃展望では、2050年の目的達成に向け、重要なエネルギー投資計画の見直しを通じたエネルギー転換へのテコ入れを求めています。行動を起こすことが重要となるこの10年、国際社会はより遠くへと前進するためのインスピレーションの源として、この傾向を見守っていかなければなりません」

設備容量については長期にわたり、前年に比べ緩やかな成長が続いていたが、2020年には10.3%の増加が見られ、これまでの傾向を打ち破る発展となった。2020年末、再生可能エネルギー由来の世界の発電容量は2,799GWを記録。太陽光や風力が急激に追い上げてはいるものの、最大のシェアを占めるのはやはり水力(1,211GW)。

2020年に新設された中で容量が大幅に増大した再生可能エネルギー源は太陽光と風力で、それぞれ127GWと111GWとなっている。

2020年に特に成長が目立った市場は中国と米国。中国は昨年、風力72GW、太陽光49GWと、合計136GWの再生可能エネルギーを導入し、世界最大の市場に成長した。

米国は太陽光15GW、風力約14GWと、合計29GWの再生可能エネルギー設備を新設し、2019年比で80パーセント近くの増加を示している。

アフリカも2.6GW増と着実な拡大を続け、2019年よりわずかに増加。オセアニアは昨年も最も成長が速い地域(+18.4%)だったが、世界シェアは小さく、ほぼすべての増加はオーストラリアで発生している。

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)について

IRENAは持続可能なエネルギーの将来に向けて移行しようとする国を支援する国際的な政府間組織で、国際協力の主要なプラットフォーム、研究拠点、再生可能エネルギーに関する政策、技術、リソース、経済に関する知識の集積所として機能している。IRENAは現在加盟数163 カ国(162カ国と欧州連合) とその他加盟過程および積極的関与を行う21カ国をかかえ、あらゆる形の再生可能エネルギーの広い適用と持続可能な使用を推進し、持続可能な開発、エネルギーへのアクセス、エネルギーのセキュリティー、低炭素経済の成長と繁栄を追求している。

関連情報:https://www.irena.org/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。