小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スポーツカーが似合うアニメキャラTOP3、3位骨川スネ夫、2位花形満、1位は?

2021.04.09

スポーツカーが似合うアニメキャラランキング、3位骨川スネ夫、2位花形満、1位は?

マイカーを持つならこんな機能を持った車がいい、次は憧れのこのカーブランドのこの車種に乗りたいなど、自家用車を選ぶ基準は人によって様々。一般的に納車すると、次の乗り換え時期は数年先。大きな買い物であるため、じっくり悩んで後悔しない最高の一台に出会いたいものだ。

では実際のところ、どんな検討がなされているのだろうか。

そんなクルマ選びとクルマの利用に関する意識調査がこのほど、ホンダアクセスにより、2021年2月10日~2月12日の3日間、自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1,000人を対象として実施された。

クルマ選びに関する調査

■よく運転する自家用車のボディタイプ 1位「軽自動車」2位「コンパクトカー」3位「ミニバン」

自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1,000名(全回答者)に、クルマ選びについて質問した。

まず、全回答者(1,000名)に、自家用車(最も頻繁に運転するクルマ)のボディタイプを聞いたところ、「軽自動車」(37.6%)が最も高く、次いで、「コンパクトカー」(19.7%)、「ミニバン」(15.1%)、「セダン」「SUV」(いずれも8.2%)となった。

男女別にみると、「軽自動車」(男性31.2%、女性44.0%)は男性と比べて女性のほうが12.8ポイント高く、「ミニバン」(男性20.4%、女性9.8%)は女性と比べて男性のほうが10.6ポイント高くなった。

年代別にみると、60代では「コンパクトカー」(25.5%)が他の年代と比べて高くなった。

■普段、クルマをどのような用途でよく使う? 1位「買い物」2位「通勤」3位「家族の送迎」

どのような用途でクルマを利用している人が多いのだろうか。

普段、クルマを使う際の用途で、最も頻繁なものを聞いたところ、「買い物」(53.0%)が最も高く、以降、「通勤」(31.4%)、「家族の送迎」(8.1%)がいた。

就業状況別にみると、就業層では「通勤」(45.2%)、非就業層では「買い物」(82.4%)が最も高くなった。

■現在のクルマを購入するときに意識したカーライフ 「日々の買い物」がダントツ

クルマの購入を考えたとき、どのようなカーライフをイメージしてクルマ選びをする人が多いのだろうか。

全回答者(1,000名)に、現在のクルマを購入する際に、どのようなカーライフを意識したか聞いたところ、「日々の買い物で使う」(62.2%)が最も高くなった。

以降、「家族で乗る」(39.3%)、「ひとりで乗る」(35.3%)、「旅行に行く」(33.2%)、「ドライブを楽しむ」(29.7%)が続いた。

男女別にみると、「旅行に行く」(男性39.0%、女性27.4%)は女性と比べて男性のほうが10ポイント以上高く、「日々の買い物で使う」(男性55.0%、女性69.4%)は男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなった。

■次にクルマを購入するときに意識したいカーライフ TOP4「日々の買い物」「家族で乗る」「旅行」「ドライブ」

また、次にクルマを購入する際に、どのようなカーライフを意識したいか聞いたところ、こちらも「日々の買い物で使う」(51.8%)が最も高く、次いで、「家族で乗る」(34.5%)、「旅行に行く」(32.4%)、「ドライブを楽しむ」(30.7%)、「ひとりで乗る」(24.7%)となった。次の愛車では旅行やドライブを楽しみたいと考えている人が多いようだ。

男女別にみると、「日々の買い物で使う」(男性45.0%、女性58.6%)と「夫婦一緒に使う」(男性16.0%、女性26.6%)は男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなった。

■現在のクルマを購入するときに重視したこと TOP3「価格」「ボディのタイプ」「運転のしやすさ」

次に、クルマ購入時に重視するポイントについて質問した。

全回答者(1,000名)に、現在のクルマを購入する際に、どのようなことを重視したか聞いたところ、「価格」(60.9%)が最も高く、次いで、「ボディのタイプ」(46.4%)、「運転のしやすさ」(46.2%)、「燃費の良さ」(43.3%)、「乗り心地」(35.0%)となった。

男女別にみると、「ボディのタイプ」(男性40.6%、女性52.2%)と「運転のしやすさ」(男性38.0%、女性54.4%)は男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなる結果に。

年代別にみると、60代では「運転のしやすさ」(59.5%)や「燃費の良さ」(58.5%)、「安全性能(エアバッグ、自動ブレーキ、レーンキープなど)」(44.0%)が他の年代と比べて高くなった。

■次にクルマを購入するときに重視したいこと TOP3「価格」「燃費の良さ」「運転のしやすさ」

また、次にクルマを購入する際に、どのようなことを重視したいか聞いたところ、「価格」(59.7%)が最も高く、以降、「燃費の良さ」(51.5%)、「運転のしやすさ」(49.4%)、「ボディのタイプ」(42.2%)、「安全性能」(41.1%)が続いた。

次のクルマを選ぶ際には燃費性能を重視したいという人が全体の半数を超えた。

■次に乗りたいクルマのボディタイプ 「軽自動車」「コンパクトカー」が突出

全回答者(1,000名)に、次に乗りたいと思うクルマのボディタイプを聞いたところ、「軽自動車」(39.1%)が最も高く、次いで、「コンパクトカー」(33.2%)、「ミニバン」(19.5%)、「SUV」(17.9%)、「ハッチバック」(11.7%)となった。

男女別にみると、「セダン」(男性16.4%、女性6.4)は女性と比べて男性のほうが10.0ポイント高くなった。他方、「軽自動車」(男性30.8%、女性47.4%)は男性と比べて女性のほうが16.6ポイント高い結果となった。

■最近1年間で評価が一段と高まったクルマ 1位「軽自動車」2位「コンパクトカー」3位「SUV」

また、最近1年間で、評価が一段と高まったクルマのボディタイプを聞いたところ、「軽自動車」(27.6%)が最も高く、次いで、「コンパクトカー」(19.4%)、「SUV」(13.8%)、「ミニバン」(11.3%)、「セダン」(6.0%)となった。

男女別にみると、「ミニバン」(男性14.6%、女性8.0%)は女性と比べて男性のほうが5ポイント以上高くなった。他方、「軽自動車」(男性23.2%、女性32.0%)と「コンパクトカー」(男性14.8%、女性24.0%)は男性と比べて女性のほうが10ポイント近く高くなった。女性の小型車人気の高まりが明らかになった。

■現在乗っているクルマの平均購入価格は209万円、次に買うクルマの平均購入予算は228万円

クルマの購入価格について質問した。

全回答者(1,000名)に、現在乗っているクルマをいくらくらいで購入したか聞いたところ、「100万円~150万円未満」(17.5%)や「150万円~200万円未満」(18.9%)、「200万円~250万円未満」(15.1%)に回答が集まり、購入価格の平均は209万円だった。

次にクルマを買うとしたら、いくらくらいを予算として考えているか聞いたところ、「200万円~250万円未満」(20.4%)に多くの回答が集まったほか、「100万円~150万円未満」(14.0%)や「150万円~200万円未満」(18.3%)にも回答がみられ、購入予算の平均は228万円であった。

■新車購入時につけたい装備 TOP4「カーナビ」「ドライブレコーダー」「ETC」「バックモニター」

続いて、新車購入時につける装備について質問した。

全回答者(1,000名)に、新車を購入するとき、どのような装備をつけたいと思うか聞いたところ、「カーナビ」(67.0%)が最も高く、次いで、「ドライブレコーダー」(65.3%)、「ETC」(59.6%)、「バックモニター」(52.3%)、「USBチャージャー」(20.3%)となった。

居住エリア別にみると、北海道・東北では「リモコンエンジンスターター」(36.2%)が他のエリアと比べて突出して高くなった。

北海道・東北では、冷えた車内の温度を乗車前に上げるため、リモコンエンジンスターターが必須だと感じている人が多いようだ。

また、東海では「ドライブレコーダー」(70.7%)、近畿では「ETC」(68.9%)と「カメラ式のルームミラー(車両後方のカメラ映像を表示できるルームミラー)」(23.6%)、九州・沖縄では「高音質スピーカー」(18.1%)が他のエリアと比べて高い結果となった。

■「クルマを購入する際に試乗をする」65%、試乗率に地域差、関東では72%、北陸・甲信越では51%

クルマ購入時の試乗について質問した。

全回答者(1,000名)に、クルマを購入する際に試乗をするか聞いたところ、「試乗をする」は65.2%、「試乗はしない」は34.8%となった。

居住エリア別にみると、クルマを購入する際に試乗をする人の割合は、関東(72.2%)と近畿(70.9%)では7割を超え、北陸・甲信越(51.4%)では約半数となり、地域差が大きいことがわかった。

■試乗時のチェックポイント TOP3「乗り心地」「前方の視界・見切りのよさ」「後方の視界・バックのしやすさ」

クルマを購入する際に試乗をしている人(652名)に、試乗時にチェックしているポイントを聞いたところ、「乗り心地」(70.9%)が最も高く、次いで、「前方の視界・見切りのよさ」(52.8%)、「後方の視界・バックのしやすさ」(39.4%)となった。

実際に運転をしてみて、乗り心地や視認性を確認している人が多いようだ。以降、「乗り降りのしやすさ」(36.7%)、「小回り」(35.9%)が続いた。

■クルマ選びでの参考情報 3位「自動車情報サイト」2位「販売店の営業担当者からの情報」、1位は?

どのような情報を参考にしてクルマ選びをしている人が多いのだろうか。

全回答者(1,000名)に、クルマ選びの際に、どのような情報を参考にしているか聞いたところ、「メーカー・販売店のホームページ」(41.9%)が最も高く、次いで、「販売店の営業担当者からの情報」(37.4%)、「自動車情報サイト」(24.9%)、「カタログ・パンフレット」(24.8%)、「テレビCM」(20.0%)という結果に。

男女別にみると、「メーカー・販売店のホームページ」(男性48.8%、女性35.0%)や「自動車情報サイト」(男性34.0%、女性15.8%)などは女性と比べて男性のほうが10ポイント以上高く、「販売店の営業担当者からの情報」(男性29.0%、女性45.8%)と「家族からのクチコミ」(男性5.6%、女性26.4%)は男性と比べて女性のほうが15ポイント以上高くなった。

■20代のクルマ選び 6人に1人が「YouTube」を参考情報として活用

年代別にみると、20代では「YouTube」(16.5%)と「Twitter」(11.5%)、40代では「自動車情報サイト」(31.0%)と「クチコミ・レビューサイト」(25.0%)、60代では「販売店の営業担当者からの情報」(50.0%)と「カタログ・パンフレット」(39.5%)、「テレビCM」(25.5%)が他の年代と比べて高くなった。

また、20代では「メーカー・販売店のホームページ」(39.5%)や「販売店の営業担当者からの情報」(21.0%)、「カタログ・パンフレット」(13.0%)、「テレビCM」(16.0%)、「家族からのクチコミ」(14.0%)、「折込チラシ」(3.0%)が他の年代と比べて低い傾向だった。

車の利用に関する調査

■クルマを利用していて気になっている、何とかしたいと思っていること

全回答者(1,000名)に、クルマを利用していて気になっている(何とかしたいと思っている)ことを聞いたところ、「ボディのキズ・ヘコミ」(28.6%)が最も高く、次いで、「窓ガラスの汚れ」(28.3%)、「燃費」(26.6%)、「車内のホコリ(ダッシュボードなど)」(26.3%)、「車内のにおい」(17.4%)が続いた。

男女別にみると、「紫外線」は女性では18.6%と、男性(6.2%)と比べて12.4ポイント高くなった。女性ドライバーには、紫外線対策をクルマに施したいという人が多いのではないだろうか。

■クルマ利用で自信を持っていること、1位は「運転マナー」

ドライバーがクルマの利用について自信を持っているのはどのようなことなのだろうか。

全回答者(1,000名)に、クルマの利用について、自信を持っていることを聞いたところ、「運転マナー(適切なタイミングでウインカーなど)」(34.9%)が最も高く、次いで、「歩行者への思いやり運転(横断歩道は歩行者優先、泥はねさせないなど)」(30.0%)、「同乗者を不快にさせない運転(急ブレーキ・急発進をしないなど)」(26.6%)、「他車への思いやり運転(合流地点で譲るなど)」(26.3%)、「交通状況に応じた運転(混雑時は無理に急がないなど)」(25.9%)となった。

男女別にみると、「周りのドライバーをイラつかせない運転(スムーズな合流、車線変更など)」(男性21.6%、女性14.6%)と「狭い道での運転(スムーズに走行、対向車と上手くすれ違うなど)」(男性21.8%、女性14.0%)は女性と比べて男性のほうが5ポイント以上高く、「運転マナー」(男性31.2%、女性38.6%)と「歩行者への思いやり運転」(男性24.6%、女性35.4%)は男性と比べて女性のほうが5ポイント以上高い結果となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。