小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナで難易度が上がった人材紹介会社の業務TOP3、3位求人票作成・改善、2位求職者集客、1位は?

2021.04.05

新型コロナウイルスの感染拡大は、飲食・旅行をはじめ、様々な業界に大きな打撃を与えている。では、人材紹介業界にはどれほどの影響を与えているのだろうか?

そんな「コロナ流行前と現在の人材紹介業界の変化」に関する実態調査がこのほど、株式会社UNIASにより、人材紹介会社に勤務している会社員や経営者1,110人を対象として実施された。

売上が減少した人材紹介会社は6割以上

まずは「新型コロナウイルス流行前(2020年1月)と現在(2021年1月)の自社の売上変化について教えてください」と質問したところ、6割以上が「大きく減少した(~80%)(16.0%)」「減少した(81%~95%)(46.3%)」と回答し、6割以上の人材紹介会社で売上が減少したことがわかった。

【調査2】求人保有件数、求職者保有件数ともに、減少傾向

次に、新型コロナウイルス流行前と比較した、求人案件数と求職者数の変化について調査した。

「新型コロナ流行前(2020年1月)と現在(2021年1月)の自社で保有している紹介可能求人案件数の変化について教えてください」と質問したところ、「求人件数が大きく減少した(~80%)(22.5%)」「求人件数が減少した(81%~95%)(42.8%)」と6割以上の人材紹介会社で求人件数が減少したことがわかった。


また、「新型コロナウイルス流行前(2020年1月)と現在(2021年1月)の自社で集客している求職者数の変化について教えてください」と質問したところ、「求職者の数が大きく減少した(〜80%)(15.6%)」「求職者の数が減少した(81%〜95%)(31.6%)」と回答し、半数近くの人材紹介会社で求職者の数が減少したことがわかった。

調査1、調査2の結果から、今回の新型コロナウイルスの感染拡大は、人材紹介業界全体に大きな影響を及ぼした可能性が高いと推測できる。

【調査3】最も難易度が上がった業務は「求人案件獲得業務」

新型コロナウイルス流行前と比較した、業務の難易度の変化について調査した。

「1年前(新型コロナ流行前)と比較して、難易度が上がったと感じる業務を教えてください」と質問したところ、「求人案件開拓(29.9%)」と回答した方が最も多く、以降「求職者集客(24.3%)」「求人票作成・改善(17.2%)」「求職者面談(16.9%)」「日程調整(6.2%)」「推薦業務(4.2%)」と続いた。

新型コロナウイルスの感染拡大は、人材紹介会社の業務にも変化をもたらしている可能性を示唆している。

【調査4】人材紹介業界のDX化を最も推進しているツールは?

様々な業界でDX推進が行われている昨今、人材紹介会社の業務においてDX化や業務改善に貢献しているツールについて調査した。

「最近、人材紹介業務におけるDX化や業務改善に貢献していると感じるツールを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、「求人開拓データベース(40.7%)」と回答した方が最も多く、次いで「求職者集客データベース(39.5%)」「業務管理CRM(30.3%)」「日程調整自動化ツール(18.6%)」「オンライン面談ツール(18.3%)」となった。

人材紹介業界のDX化に貢献しているツールとして、求人開拓データベースが上位となったが、続けて「求人開拓データベース」の利用状況についても調査した。

「求人開拓データベースの利用状況を教えてください」と質問したところ、4割近くが「現在使用している(38.7%)」と回答。
また、「過去使用していた(28.9%)」と回答した方を合わせると、7割近くとなる。

この結果から、新規求人開拓の手間を減らしつつ、紹介求人案件を確保することができる「求人開拓データベース」は人材紹介会社のDX推進や業務改善において注目されており、活用が広がっていることがわかった。

■まとめ

今回の調査では、新型コロナウイルスの感染拡大後、多くの人材紹介会社で売上が減少しており、求人案件や求職者の確保に苦戦する人材紹介会社が増加していることがわかった。

このような状況下で、求人開拓データベースをはじめ、業務改善やDXに繋がるツールが広がっており、今後の人材紹介会社の業務変革の可能性を示唆するような結果となった。

数多くある人材採用サービスの中でも、一定のシェアを持つ人材紹介サービスの今後の動向は、withコロナ時代の働き方改革においての示唆となる情報になり得ると考えられる。

<調査概要>
【調査期間】2021年1月18日(月)〜2021年1月19日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,110人
【調査対象】人材紹介会社に勤務している会社員や経営者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:株式会社UNIAS
https://www.unias.jp/company/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。