小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クラウドファンディングで見つけたスゴいマウス「RaceMouse」「Snowl」買うならどっち?

2021.05.09

マウス

開発資金を募ってこれまでにない画期的な発想をカタチにする、クラウドファンディングは今や〝ヒットの登竜門〟。目標額達成済みの家電の中から発想に優れたモノを国内外のプラットフォームからピックアップ。対決形式で紹介する。

マウス

PC、スマホ、スマートTVに対応したフル機能マウス

『RaceMouse』

KICKSTARTER

『RaceMouse』参考価格:約3700円

ハンドジェスチャーによってPCなどを操作できる。胸ポケットに入る小型ボディーにレーザーポインターを内蔵。エアマウスにもなるため、プレゼンで重宝しそうだ。

[ ココがスゴ技!]タッチパッドなど3WAYで使える

『RaceMouse』

エアマウス、レーザーポインター、タッチパッドの1台3役。ビジネスで役立つ場面は多いかも。

ジェスチャーで操作するAI搭載エアマウス

『Snowl』

KICKSTARTER

『Snowl』参考価格:約1万2700円

手の動きをAIが学習。ジェスチャーによるコマンドで、PCやスマホ、スマートテレビなどがコントロール可能に。リモコンでは面倒なスクロール操作も快適だ。

[ ココがスゴ技!]ジョイスティックとしても使える

『Snowl』

充電クレードルは、ゲーム機のジョイスティックマウスとしても使える。

【スペック対決】ポインターを備えた『RaceMouse』はビジネス向き。

【連続使用時間】最大約40時間使える『RaceMouse』のほうがラク。

【携帯性】指輪形の『Snowl』のほうが小型だが、携帯性は同等。

【新発想度】ビジネス用途では『RaceMouse』が正解。操作の楽しさやジョイスティックに変わるおもしろさなど、発想力は『Snowl』が勝る。

取材・文/安藤政弘

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。