人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

独自性を追求して成長を続ける家電メーカー、ツインバードのかゆいところに手が届く技あり家電3選

2021.05.10

『コードレススティック型クリーナー TC-E263GY』

大手や海外メーカーの人気が根強い家電市場で、めきめきと頭角を現わしているメーカーがいくつもある。そんな急成長家電メーカーは今後どの分野に力を入れていくのか。今年イチオシの家電とともに紹介する。

TWINBIRD ツインバード工業

ツインバード工業

欲しくなる機能の開発に注力

近年、こだわり満載の全自動コーヒーメーカーが話題となったツインバード工業。今年も高付加価値製品に注力する。具体的には、大型家電や調理家電、美容家電などで、独自性の高い製品開発に取り組む。

生活家電の独自性をさらに追求!

カーペット上もスイスイ動く自走式ヘッドを独自開発!

『コードレススティック型クリーナー TC-E263GY』

『コードレススティック型クリーナー TC-E263GY』オープン価格(実勢価格約2万1780円)

1.4kgの軽量なボディーと自走式ヘッドで取り回しがラク。さらにゴミセンサーがゴミの量によって強弱を自動調整する。ワンタッチで捨てられて衛生的な紙パック方式。

『コードレススティック型クリーナー TC-E263GY』

独自の自走式ヘッドはくるくると回り、家具の隙間にも入りやすい。

平安貴族に着想を得た新たな乾燥方式を開発

『ケアドライヤー TB-G008JPW』

『ケアドライヤー TB-G008JPW』直販価格2万1780円

低温・低風量、さらに遠赤外線と独自ノズルにより、髪を傷つけずにやさしく速乾。5cmの距離まで髪に近づけて振らずに使うことで、速く乾かし、髪にうるおいを導く。

冷食需要の高まりを受け専用モードを新搭載!

『センサー付フラット電子レンジ DR-F281W』

『センサー付フラット電子レンジ DR-F281W』オープン価格(実勢価格約2万1780円)

出力幅をインバーターで制御する赤外線センサーを新搭載。これにより素早く、ムラのないあたためを可能に。冷凍食品モードは100Wの低出力で解凍するため、旨味を逃さない。

取材・文/金山 靖

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。