人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIがシーンに合わせて最適な画質に自動調整してくれるパナソニックの4K液晶テレビ「ビエラ JX900/JX850シリーズ」

2021.04.04

新4K衛星放送2番組同時録画にも対応!

パナソニックは、VIERA(ビエラ)の新製品として、4K液晶テレビ「JX900」シリーズ2機種と、「JX850」シリーズ2機種を4月23日より順次発売する。

「JX900」シリーズは65型の「TH-65JX900」と55型の「TH-55JX900」、「JX850」シリーズは49型の「TH-49JX850」と43型の「TH-43JX850」をラインナップ。発売日は「TH-65JX900」「TH-55JX900」「TH-49JX850」が4月23日、「TH-43JX850」が今夏。

価格はいずれもオープン。市場想定価格は「TH-65JX900」が29万円前後、「TH-55JX900」が20万円前後、「TH-49JX850」が18万円前後。「TH-43JX850」は未定。

本シリーズの最大の注目ポイントは、AI技術により自動で最適な画質に調整する新技術を搭載しているところ。放送や映画など100万を超える映像のシーンから構成される学習用データベースを、ディープラーニングを活用してAIが学習し、シーン認識アルゴリズムを生成。本技術により、ビエラがシーンを認識し、それにもとづいてシーンごとにビエラに搭載される「ヘキサクロマドライブ」「AI HDRリマスター」「4Kファインリマスターエンジン」などのあらゆる画質機能を統合的に制御することで、映像を部分ごとに自動的に最適な画質に調整することを可能にしたのだ。

また、音質面では30Wのダイナミックサウンドシステムに加えて立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応。テレビのスピーカーのみで上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響が楽しむことができるとしている。

さらに、新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K)に対応したチューナーを2基搭載し、外付けハードディスク(別売)と接続すれば、新4K衛星放送の2番組同時録画が可能。なお、地上/BS・110度CSチューナーは3基搭載する。

そのほか、地震に強く倒れにくい、吸着機能付きの「転倒防止スタンド」を採用するなど安全面にも考慮。

加えて、良く使う機能のアクセス性をあげるためメニュー画面を一新したほか、リモコンのエリアを放送視聴操作、基本操作、録画コンテンツを見るための再生操作、ネット動画視聴操作の4つにゾーニングして配置するなど、操作性もより高まっている。

インターフェースは、HDMI端子を4系統搭載(HDMI 1~2端子は4K120p信号対応、HDMI 3~4端子は4K60p信号対応。HDMI 2端子はeARC/ARCをサポート)。そのほか、ビデオ入力1系統、光デジタル音声出力端子1系統、ヘッドホン/イヤホン端子(サブウーハー端子兼用)1系統、LAN端子1系統、USB端子3系統(USB1端子のみUSB3.0対応)を装備する。

スタンドを含む本体サイズ/質量は、「TH-65JX900」が145.1×89.0×34.8cm/約32.5kg、「TH-55JX900」が123.1×76.6×34.8cm/約23.0kg、「TH-49JX850」が109.9×69.4×24.5cm/約20.5kg、「TH-43JX850」が96.6×61.9×24.5cm/約17.0kg。

関連情報
https://panasonic.jp/viera/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。