小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自動車のサブスクサービスが2025年に500億円規模に到達する見込み、中日本能率協会総合研究所発表

2021.04.04

自動車サブスクリプションサービス」とは、毎月一定額を支払うことで、契約した期間、選択した自動車を利用できるサービス。月額料金には車両代のほか、自動車税、車検料等が含まれており、サービスによっては任意保険料やメンテナンス料等も含まれている。

2016年頃より中古車買取・販売企業がサービスを提供開始し、2019年から大手自動車メーカーが相次いで参入した。

そんな中日本能率協会総合研究所は、自動車サブスクリプションサービス市場を調査し市場規模を推計した。

自動車サブスクリプション2025年に500億円規模に

月々定額を支払うことで自動車を一定期間利用するという点では、従来のカーリースと同様であり、自動車サブスクリプションサービスはカーリースの一形態と位置付けられる。一般的なカーリースでは、契約期間が5~7年と長く、契約期間中の他車種への変更は認められない一方、自動車サブスクリプションサービスは契約期間が数か月からと短く設定されているほか、契約期間が複数年の場合では一定期間利用すれば契約期間中でも他の車種への変更が可能となっている。

 自動車サブスクリプションサービスは、契約期間が短いためライフスタイルや生活環境の変化に合わせて自動車を利用できること、初期費用の安さ、申し込み手続きの手軽さなどを要因として、若年層やこれまで自動車を所有していなかった人々をユーザーとして取り込んでいる。

また、利用車種の変更が可能であることから、様々な自動車を試したいという、自動車を愛好する高所得者層の需要も獲得。法人での利用においては、保険加入や税金の支払いなどの手続きがないため業務の効率化を図れること、契約期間が短い、あるいは中途解約金が明確であることから柔軟な増車・減車が可能なことがメリットとなり、自動車サブスクリプションサービスを利用する法人が増加している。

市場はまだ黎明期であるものの、参入企業の増加やサービス提供エリアの拡大、契約プランの拡充が進んでおり、利用者数は増加傾向に。今後は自動車サブスクリプションサービスの認知度向上に伴い、市場は拡大が見込まれる。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。