小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

毎月の支払い総額別に解説!ドコモユーザーにおすすめの最新スマホと料金プラン

2021.04.05

20GBプラン「ahamo」や無制限プラン「ギガホ プレミア」など、2021年に入りNTTドコモの料金プランは大きく変わります。

4月から始まる新生活を前に、料金プランの変更を検討している人も多いでしょう。今回は、ドコモユーザーのためにおすすめ端末と料金プランのセットを、月々の総支払額別に紹介していきます。

ドコモユーザー必見! スマートフォン使い方別おすすめ端末×料金プラン

ドコモの料金プランは低容量プランとなる「5Gギガライト/ギガライト」、中容量プランの「ahamo」、大容量プランの「5Gギガホ プレミア/ギガホ プレミア」の3つに分けられます。

月々の支払額としては、この基本料金にオプションや割引を足し引きし、スマートフォン端末の分割払い金を加えることになります。今回は、ドコモの「2年定期契約」に加入したと仮定して、月々の支払額別におすすめの料金プランと端末の組み合わせを紹介していきましょう。

低容量×コスパの高い製品でライトに使うなら「ギガライト×LG style3」

自宅にWi-Fiがある、外で動画視聴やオンラインゲームをしないなど、比較的ライトにスマートフォンを使用するのであれば、1GBから7GBまで使用可能な従量制プラン「ギガライト」がおすすめ。

料金プランとしては、月々1GBまでが3278円、月々3GBまでが4378円、月々5GBまでが5478円、月々6578円となっています。(2年定期契約ありの金額)

おすすめのスマートフォンである「LG style3」は約6.1インチディスプレイを搭載し、「Snapdragon 845」という型落ちではありますがハイエンドクラスのチップセットを内蔵。動作の安定感に期待ができます。

端末の一括購入で4万1976円。「2年定期契約」に加入し、分割払いにすると月々1166円の支払いとなります。

端末代と料金プランを合計すると、月々1GB未満のデータ通信利用で4444円。従量制のプランなので使うほど支払額は上がりますが、あまりデータ通信を使わないライトユーザーにはおすすめのセットです。

データ通信もスマホスペックもコスパを求めるならahamo一択!?

今最も注目を集めている料金プランともいえるahamo。20GB/2970円で5分以内の国内通話が無料、海外ローミングも20GBまで無料とかなりコスパの良い料金プランになっています。

留意しておきたいのが、ahamoはNTTドコモの料金プランの1つではありますが、オンライン専用ブランドであるため店舗での受付は行っていないという点。また、キャリアメールや留守番電話サービスといったサービスにも対応していません。

【参照】ahamoへプラン変更手続きを行う際のご注意

このような各種サービスは必要ないからとにかく安くスマートフォンを運用したいという人におすすめの料金プランになっています。

ahamoから直接購入できる端末としては、執筆時点で「iPhone 11」「Xperia 1 II」「Galaxy S20 5G」の3モデルのみ。そのほかの製品をahamoで使用したい場合は、ドコモオンラインショップからや、SIMフリースマートフォンを購入する必要があります。

現在ahamoから購入できる3モデルに関しては、どれもハイエンドモデルであるため動作性に問題はないでしょう。支払額もドコモでの発売開始当時より安くなっているので、20GBという枠の中でスマートフォンを最大限使いたい人には大変おすすめになっています。

例えばiPhone 11の64GBモデルを購入した場合、36回の分割払いで月々1371円、ここに料金プラン代として2970円が加算されるので、合計は4341円となります。

データ通信無制限でガンガンスマートフォンを使いたい人は「5Gギガホ プレミア×ハイエンドスマートフォン」

月々のデータ通信量を気にせず、無制限で動画やゲームを楽しみたいという人は「5Gギガホ プレミア」がおすすめ。月々7315円でデータ通信・テザリングが使い放題になります。提供開始は2021年4月1日からです。

ハイエンドスマートフォンとしては、「Sペン」を使った手書きメモの快適さなどに定評のある「Galaxy Note20 Ultra 5G」やアスペクト比21:9と独特の縦長ボディを搭載した「Xperia 5 II」などがおすすめ。

Galaxy Note20 Ultra 5Gを購入した場合、分割支払い額が月々4048円、データ通信料が7315円となっているので、合計1万1363円で運用可能になります。

料金プランと端末の組み合わせは自由!

今回は月々のデータ通信をどの程度使用するか、どのようなスマートフォンの使い方をするかを限定して紹介していきましたが、料金プランとスマートフォンの組み合わせはあくまで自由。

例えば、屋外ではあまりスマートフォンを使わないもののWi-Fiのある自宅では動画やゲームを最大限楽しみたいという人は、ギガライトで契約しながらハイエンドスマートフォンを購入するという選択肢もあるはずです。

自分のスマートフォンの使い方や、使用環境を考え、最適な料金プランと製品を選ぶように心がけましょう。

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。