小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

引っ越しの時に知っているとちょっと得する不動産用語5選

2021.03.30

知っていればちょっと得する不動産用語5選

春は新生活が始まる季節であり、それに伴い引っ越しが盛んにおこなわれる時期でもある。新しい住まいを住宅情報サイトなどで探す際、普段馴染みのない不動産用語を目にして、頭に「?」マークが浮かんだ経験がある人は多いのではないだろうか。

不動産情報のプロであるアットホームによると、不動産用語の中には、知っておくと便利だったり、場合によっては引越しの初期費用の節約につながるものもあるとのこと。

そこで今回、知っていればちょっと得をする5つの不動産用語を紹介していきたい。

(1)フリーレント

販促キャンペーンの一環として、賃貸契約の賃料を一定期間(1カ月~半年程度が多い)無料とすること。「敷金・礼金なし」の物件と同様、初期費用を抑えられる可能性があるので見逃せない。

(2)メゾネット

マンションにおいて上下 2 階にわたる住戸のこと。例えば、下の階に玄関や居室があり、階段を上って上の階にリビングやキッチンがある間取りなどを指す。。上下に広い空間を確保することで一戸建てのような空間を持てるのがポイント。

(3)分譲マンション(分譲タイプ)

一棟のマンションを一室(または複数室)ごとに区分して、複数のオーナーに売り渡した物件のこと。「分譲賃貸」は購入した分譲物件を貸し出すことで、同じマンションでも部屋ごとにオーナー(貸主)が異なるのが特徴だ。

持ち主が当初は自分で住むために厳選して購入したというケースも多く、賃貸用住戸と比べて好設備・条件の物件が多いことも。建築設計上は、特に賃貸用住戸との違いはない。

(4)定期借家(制度)

契約時に、「期間の満了で終了」と「(借主が希望すれば)基本的に更新可能」のいずれかを貸主(オーナー)が選択できる制度。「普通借家契約」と「定期借家契約」の違いは“更新の有無”で、定期借家契約には更新という概念がなく、契約を延長したい場合には、協議のうえ「再契約」を行う。

(5)ホームインスペクション

日本語の「住宅」と英語の「Inspection(検査)」を組み合わせた造語。主に持ち家の売買の際に、住宅構造の安全性や劣化の検査・調査を行うことを指す。内容は目的によって異なり、目視を中心としたものや耐震診断などの詳細な調査までさまざま。いずれも講習を終了した建築士が行う。

出典元:ビルコム株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。