小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自粛する?しない?コロナ禍における歓送迎会とお花見事情

2021.03.28

コロナ禍での首都圏とそれ以外の地域での「歓送迎会&お花見」の違い

桜の開花宣言が各地で伝えられ、季節は春へと着実に進んでいる。

歓送迎会やお花見など、昨年は季節の行事の予定がなくなった人も多くいたが、今年はどうなっているのか? そこでネクストレベルは首都圏とそれ以外の地域に住む20歳以上の男女462名に、今年の歓送迎会とお花見の予定を調査した。

結果からは住む地域や年代によって、少しずつ異なる傾向があることが分かった。

首都圏の方が「自粛している」割合が10%以上多い

各自治体から要請されている「不要不急の外出の自粛」について、3月22日に緊急事態宣言が解除された首都圏と、それ以外の地域に住んでいる人に、それぞれ「現在も自粛しているか」(2021年3月現在)について聞いた。

首都圏では「自粛している」が39.7%だったのに対して、首都圏以外では27.9%と10%以上の開きがありました。「どちらかといえば自粛している」という回答は、首都圏が54.4%で、首都圏以外は60.5%。これらのことから、首都圏の人の方が、忠実に自粛要請に従っている傾向がうかがえる。

「どちらかといえば自粛していない」「自粛していない」の数字を合わせると、首都圏は5.9%、首都圏以外は11.6%。首都圏以外の地域に住んでいる人であっても、自粛していないのは約1割にとどまりました。地域差はあれ、概ね外出を自粛していることが分かる。

「自粛している」割合が高いのは40代

地域別・年代別の自粛傾向

上の表は、「不要不急の外出の自粛」について、地域別・年代別に聞いた結果に。「自粛している」と回答したのは、首都圏、首都圏以外ともに40代の割合が最も多くなった。

「どちらかといえば自粛している」は20代の割合が高くなっている。「どちらかといえば自粛していない」は、首都圏以外の20代と40代で1割を超えている。40代は自粛している割合が高いものの、首都圏以外ではあまり自粛していない人も一定数いるといえる。

また、首都圏以外の20代が、地域・年代別では「どちらかといえば自粛していない」割合がもっとも多いことがわかった。

歓送迎会の予定がある人は、首都圏の方が約6%多い

首都圏の緊急事態宣言が解除される前の3月中旬に、「これから、何かしらの歓送迎会を予定していますか?」という質問をしたところ、「予定はない」が8割を超えていた。ただ「予定しているが、開催は未確定」と「予定しており、開催は確定」を合わせた数字は、首都圏が18.4%で、それ以外の地域は12.7%。

数値で見ると、首都圏エリアの人の方が、それ以外の地域に住む人よりも、歓送迎会を予定している人が多いということが分かる。ただし「開催は確定」という人は首都圏の方が少ないことから、首都圏に住む人は「歓送迎会の予定はあるものの、様子を見ている」状況の人が多いようだ。

歓送迎会の予定がある人が多いのは、首都圏の20代

歓送迎会の予定がある人の割合

 歓送迎会の予定について「予定しているが、開催は未確定」と「予定しており、開催は確定」を合わせた数字を、首都圏とそれ以外の地域で、年代別に比較した。これを見ると、首都圏在住の20代のみが23.5%と、2割を超えていることが分かる。首都圏以外の20代は10.9%なので、大きな差があります。他の地域に比べると、首都圏の20代は、歓送迎会の機会が多いといえる。

首都圏での歓送迎会の予定は、緊急事態宣言の解除を前提としている人が51.2%

緊急事態宣言解除が歓送迎会の開催へ影響する割合

今回の調査は、首都圏での緊急事態宣言の解除発表の前に行っている。前の設問で「歓送迎会を予定しているが、開催は未確定」と答えた首都圏在住者に、「緊急事態宣言の解除や延長など、状況によって歓送迎会の予定は左右されますか?」と聞いた結果が上の表だ。

約半数が「解除された場合にのみ行う(解除されなければ行わない)」と回答。年代によってばらつきがあったのは「緊急事態宣言に関係なく行う」という回答に。40代は6.7%と一番少なく、20代が21.4%と最も多くなった。20代の場合、“開催が未確定”であるのは、緊急事態宣言によるためではなく「メンバーの予定が合うか」などの個人的な不確定要素によるものと考えられる。

首都圏の20代の中には、「緊急事態宣言の発令中」であるかどうかが「歓送迎会」の開催に影響しない人もいることが分かった。

調査概要

調査方法:インターネットアンケート
アンケート母数:首都圏在住者272名、首都圏以外の在住者190名 計462名
実施日または時期:2021年3月3日~3月17日
調査実施主体:縁結び大学
調査会社:ネクストレベル

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。