人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

宇宙探査を追体験!大人のココロをくすぐるスペースシャトル「ディスカバリー号」を再現したレゴ

2021.03.31

レゴジャパンが、宇宙探査をテーマに、スペースシャトル「ディスカバリー号」を細部まで再現した大人向けレゴセット「レゴ ®NASA スペースシャトル ディスカバリー号」(オープン価格)を4月1日(木)に発売。

神秘的な宇宙に思いを馳せよう

「レゴ® NASA スペースシャトル ディスカバリー号」は、1990年4月に打ち上げられ、軌道衛星上のディスカバリー号と5名の乗組員がハッブル望遠鏡を宇宙に展開した、STS-31ミッションを詳細に再現。天文物理学や宇宙開発の発展に寄与したミッションを追体験できるレゴセットだ。
本セットは2,354ピースで構成されていて、スペースシャトルの着陸装置や次々に開いていくペイロードベイ(貨物室)のドア、さらにそのドアの冷却用ラジエーターまで反射シールを用いて再現している。さらに、軌道上への打ち上げに使用する3つのメインエンジンと、その両側には軌道上での操縦や、軌道離脱・大気圏再突入のための小型エンジンも搭載。翼と尾翼の後端には、飛行機のようにロール、ピッチ、ヨーを制御する飛行制御面を搭載し、着陸のコントロールとタッチダウン後の滑走路でのロールアウトをサポートする尾翼のラダーも再現されている。

スペースシャトル内部のクルーキャビンには、STS-31ミッションに参加した宇宙飛行士が座っていた5つのシートと、フライトおよびロボットアーム(RMS)のコントロールパネルを設置。またデッキ中央部には、スペースシャトルの必需品やミッション機器を収納するロッカー、5人のクルーのためのスペース、ペイロードベイへのエアロックが。ペイロードベイには、通信用のKuバンドアンテナ、クルーがベイ内の作業を監視するためのカメラ、ハッブル宇宙望遠鏡を切り離すためのRMSアームなどが設置されている。さらにハッブル宇宙望遠鏡も詳細に再現されていて、実際の望遠鏡と同様のヒンジ式のミラーハウジング、本セット用に新たにデザインされた金箔の太陽電池アレイパーツ、リアルな反射性のあるメタリックシルバーのデザインなどが採用されている。ハッブル宇宙望遠鏡は、STS-31ミッションの時と同様に、ペイロードベイに収納し、RMSアームに接続して展開することができる他、宇宙を周回しているかのように、ディスカバリー号と切り離して展示することも可能。完成したセットは、スタンドとプレートを共に飾ることができ、インテリアとして飾ることができる。

レゴデザイナーのミラン・マッジよりコメントが届いた。「スペースシャトルは皆さんの想像通り、最も複雑な乗り物であり、これをレゴで再現することはエキサイティングな挑戦でした。実際のスペースシャトルは、空間の隅々まで独創的な方法で有効活用されています。一般的にレゴモデルでは、全体のサイズ比を維持したまま縮小して再現することができますが、スペースシャトル ディスカバリー号では、滑らかな外装と、ペイロードを収納できる内装を作る必要がありました。さらに機能的な着陸装置が加えるとなると、まさにパズルのようなものです。ペイロードベイのスペースを保ったまま、モデルの構造を損なうことなく、フロントとメインのランディングギアを結合させるという工程は、間違いなくこのモデルの最も難しい部分でした。5名の人類を故郷の惑星から連れ出し、人類がまだ見たことのない宇宙の一部を見せてくれた小さな青い座席が一番このセットで気に入っています!」こだわりに溢れたレゴセットで、宇宙の息吹を感じよう。
●関連情報
https://www.lego.com/ja-jp
構成/あにろっく

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。