小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界40か国で検索エンジンのシェアを急拡大するローカル検索エンジン

2021.03.29

各国・地域におけるPCとモバイルの主要検索エンジンシェア

アウンコンサルティングが世界40カ国を対象に検索エンジンシェアの推移を調査によると、検索エンジンシェアにおいては、PC・モバイルともに中国を除く39カ国でGoogleがトップシェアを占めている。

今回も前回調査(参考:2020年9月15日世界40カ国、主要検索エンジンシェア【PC、モバイル】)に引き続き、各国の検索エンジンシェアについて調査した。

ベトナムではCốcCốc(PC)、トルコではYANDEX(モバイル)がシェアを伸ばす

中国を除く39カ国では、シェアの大きな変動はなく、ほとんどの国で1位「Google」、2位「bing」となっている。世界的にGoogleのシェアが大きく、この勢力図は当面変わることはないが、それぞれの国に特化した検索エンジンが成長しているのも考慮しておきたいポイントだ。特有の検索エンジンのシェアが1%以上あり、上昇傾向にあるものを以下にまとめた。

ベトナムでは、CốcCốc(コック・コック)という検索エンジンがシェアを伸ばしている。支持されているポイントとして、ベトナム語に特化した検索エンジンであることが上げられる。

ベトナム語は発音によって表記が「ả」「ặ」「à」のように異なるため、従来の検索エンジンを使う際、発音記号を入れずに検索すると、意図しない検索結果が表示されてしまう場合もある。CốcCốcはこのような複雑な言語に対応しているため、国内で一定の需要がある。

また、トルコではYANDEXのシェアが増加傾向にあり、2年前の2.93%(2019年2月)から19.21%(2021年2月)と、16.28%もシェアを伸ばしている。

※用語の定義として、検索エンジンとは検索システムを提供する会社、ブランドを指す。具体例を挙げると、日本で最も人気のあるポータルサイトの一つ「Yahoo! JAPAN」は、検索エンジンとしては「Google」という扱いとなり、同様の理由から「Yahoo!台湾」や「Yahoo!香港」は Bing となった。

2021年2月 各国・地域におけるPCとモバイルの主要検索エンジンシェア

※2020年インターネット利用率において、グレー部分は2017年のデータ

調査概要

世界40カ国、主要検索エンジンシェア【PC、モバイル】

【調査要綱】

対象国: OECD加盟主要国を中心に当社にて抽出
インターネット利用率: Committed to connecting the world
Percentage of Individuals using the Internet
検索エンジンシェアデータ参考: StatCounter 
調査日:2021年2月1日 ~ 2021年3月10日
調査対象時期:2017年7月 ~ 2021年2月

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。