人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一見の価値あり!テクノロジーの力で視覚や身体表現の世界を広げるクリエイター集団ライゾマティクスの個展がスタート

2021.03.28

2021年に設立15周年を迎えるライゾマティクスの個展「ライゾマティクス_マルティプレックス」が2021年3月20日より東京都現代美術館にて始まりました。

展示会場のエントランス。

ライゾマティクスはビョーク、スクエアプッシャー、Perfume、ELEVENPLAY、狂言師・野村萬斎などの世界的に活躍するアーティストのコラボレーションによる舞台などの演出で知っている人も多いのではないでしょうか。最近もTwitterで話題になっていましたが、9年前のPerfumeの3人をホログラムで作り出した演出を行ったのもライゾマティクスです。

これまでにも渋谷パルコなどでの個展や、東京都現代美術館などで開催された展覧会への作品出展はあったものの、単独での大規模展は初開催です。ライゾマティクスの全貌を見せるということで、5つのセクションに分けて展示されています。

ライゾマティクスってどんな集団?

ライゾマティクスは2006年に結成以来、美術の表現とその新しい可能性を追求してきました。0と1がベースとなっているデジタルのデータを視覚化する視覚デザインの研究開発、一般的なビジュアルや広告デザイン、そしてビジネスにも携わっています。彼らがステージデザインなど広範囲に携わることは可能にするのは何なのか? ライゾマティクスは、いわゆるメディアアーティストではありません。メディアアーティストが自分が知覚している範囲の物事を専門のエンジニアなどに依頼をし、具現化していく。しかし、ライゾマティクスの場合は、リサーチャーから含めたエンジニア集団というのが一体になっている。既存のメディアを使うだけでなく、デバイスを開発してしまうという新しいタイプのアーティスト、クリエイター集団といえます。

新しいメディアやテクノロジーからいろんなアイデアや作品を発展させていく、ライゾマティクスの活動の歴史と現在見つめている世界を提示する展示となっています。

今回の展示を企画したキュレーターの長谷川祐子さんは「自分たちのクリエイションを著名なミュージシャンなどとの間の化学反応を見せながら、どうやって実現してきたのかというアーカイブの部分を一番見ていただきたい」といいます。

さらに、3月30日からはオンライン会場もオープンし、ハイブリッドに展開する試みも行われます。オンライン会場では、 東京都現代美術館の空間を3Dモデルで再現。鑑賞者が会場をウォークスルーしていくという擬似体験を可能にするのと同時に、 美術館内にいる観客の位置情報をビジュアリゼーションし、 オンラインとオフラインの鑑賞をクロスオーバーさせる予定です。

ダンスの動きを映像プロジェクションやロボティクスで再構築

新作の一つが、 映像プロジェクションや動くロボティクスとともに構成したインスタレーション作品「Rhizomatiks × ELEVENPLAY "multiplex"」。演出振付家のMIKIKOさんが率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」のダンサーの動きをモーションデータ化し、 高さ約7メートル、 全長約27メートルの空間にパナソニックのDLP(R)方式 SOLID SHINEレーザープロジェクター15台を使ってマッピングすることで、 没入感のある空間を演出しています。

「 臨場感を高めるための最適化されたレイアウト設計と高精細、 かつ映像のつなぎ目が目立たないシームレスな映像表現により、 最先端の映像表現を体験する事が出来ます。 リアルな表現が、 バーチャル空間へハイブリッドに展開され、 見る者の視点を移動転換させつつ、 新たな人間性について思考を巡らせます」(ライゾマティクス担当者)

真っ白な空間に描き出された世界を滑るように動くロボティクス。

白い立方体がだんだんと踊っているように見えてくるのが不思議です。

この時代にソーシャルディスタンスのためのシステム

中庭に面した展示スペースでは、2020年春の緊急事態宣言以前よりライゾマティスクが取り組んできた「Staying TOKYO」や、リアル空間と同じ音や距離感覚の再認識をもたらす「Social Distancing Communication Platform」などのソーシャル・プラットフォームを紹介します。

大学を始めとする研究機関とともに現在開発中/進行中のプロジェクトも紹介。

自宅にいながらライブ会場などの映像と連動した光の演出を具現化できるデバイス。

装着すると、話した言葉を感知し、ディスプレイ上に表示してくれるマスク。

国内外で多数の賞で評価された「particles」を高さ8メートルの大作にアップデート

2011年に制作した光るボールを転がして、ボールの点滅のタイミングを制御し、空中に像を描き出すという作品「particles」をアップデート。2021バージョンでは、高さ8メートルある有機的な螺旋構造のレールに多数のボールが転がり、 空中に浮かぶ光の点滅が幻影的な残像を生み出します。物理的な構造は2011年とほぼ同じなのですが、玉の位置を正確にトラッキングしてレーザー照射をするといった、ボールがいまどこを転がっているかという技術は今回全く新しいものとなっています。

10年の時を経た作品名は、「particles 2021」。

魔法のような表現を支える精密機器をずらりと展示

アーカイブエリアでは、これまでの活動を網羅的に紹介する記録映像や開発してきたハードウェアの実物を展示。通路の左側にハードウェア、右側にその実際の映像を配し、同時に見比べるのではない展示スタイルを選択。映像から先に見るのか、デバイスから見るのか、その順番によっても感じ取れるものが変わるかもしれません。

写真左下は、2010年のPerfumeのライブで使われた直径5mのバルーンに内蔵したLED灯具。

「ピラミッドドローン」は2014年にドローンパフォーマンスに初めて挑戦したときに利用した機体。

アンリアレイジがデザインした衣装の背中にコントローラから布に打ち付けられた配線を通して振動子を制御している作品「echo wave」。

写真上はTimo MaasのMV「Tantra」のなかで、プラスティックボールを任意のタイミングで落とすための落下装置。

会場入り口に謎のデバイス貸し出しカウンターを発見

今回の展示では、ソニー・ミュージックエンタテインメントの技術協力のもと、展示空間内の位置情報を取得する実験デバイスを用いて、顧客の行動・導線を分析する試みを実施。ヘッドセットに付けたセンサーで蒐集したデータを首から下げるモバイルデバイスに記録しています。このデータが今後どのような活動に使われるのか、気になりますね。

デバイスの貸し出しは、事前申し込み制です。

頭のセンサーでどこを見ているのかを感知?

トレーナーやTシャツなどグッズも販売

本展示のグッズは、ミュージアムショップ「NADiff contemporary」で販売されているのですが、東京都現代美術館の最近の展示のなかでは、Tシャツやパーカーなど衣類が多め。

border 2021 ecobag ¥2200(写真左)、border 2021 T-shirts ¥5500(写真右) いずれも税込。

rhizomatiks parka ¥7700(写真左・税込)

服のバリエーションが多いのが驚き。 rhizomatiks parka ¥7700(写真左)、rhizomatiks T-shirts ¥5500(写真右) いずれも税込。

border 2021 mask ¥1100とborder 2021 mask case ¥1100 (いずれも税込)

ショップの奥にもライゾマティクス展の展示が実はあるのでお見逃しなく。

ライゾマティクス_マルティプレックス展
会場:東京都現代美術館 企画展示室 地下2F
会期:2021年3月20日[土・祝]- 6月20日[日]
休館日:月曜日(5月3日は開館)、 5月6日
開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般 1,500円 / 大学生・専門学校生・65歳以上 900円 / 中高生 500円 / 小学生以下無料
※ 本展のチケットでMOTコレクションも鑑賞できます(当面の間臨時休室)。
※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、 その付添いの方(2名まで)は無料になります。
※予約優先チケットあり

取材・文/北本祐子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。