人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

貝買えます!?自販機で生きた「ホンビノス貝」を買ってクラムチャウダーを作ってみた

2021.03.29

自販機で生きた「ホンビノス貝」を買う!

千葉県北西部に位置する船橋市は、マスコットキャラクター「ふなっしー」でもおなじみです。船橋にはJR総武本線と、東武野田線(東武アーバンパークライン)の乗り入れ、近くに京成船橋駅もあるターミナル駅。駅ビルやデパート、複合施設などがあり、駅周辺はにぎやかですが、東京湾に面する海の街です。古くから魚や貝、海苔などの漁業が行われていました。

その証拠に、貝が買える自販機があります。

貝買えます…?

こちらは、アサリなどの貝類を扱う「かねはち水産」の本社前。ミニサイズでいいかな、と500円入れたところ、かなり大ぶりの貝がゴロンと出てきました。えっ、これでミニサイズ!? 筆者の後ろに並んでいた二人組も驚いていました。中サイズも購入してみるとさらに大きく、ずっしりと重い。

右がミニサイズ、左が小サイズ

ホンビノス貝はハマグリに似て、ちょっと違う

ホンビノス貝は、ハマグリに似た二枚貝。聞きなれない名前ですが、ホンビノス貝はクラムチャウダーに欠かせない貝です。日本ではクラムチャウダーにアサリをよく使いますが、本場アメリカではホンビノス貝を使うのがポピュラーです。

右がミニサイズ、左が中サイズ

中サイズは、殻の一番大きいところで6cm超え

大人になると貝10cmを超える個体もあり、厚く頑丈な殻で覆われるホンビノス貝。日本に昔からいるアサリがすめない場所でも生息場所できるタフなヤツです。確かに、手に持つと、小石のようなずっしりとした重量感があります。

北米起源の江戸前のビーナス?

ホンビノス貝の原産地は北米大陸ですが、日本では1998年に発見され、東京湾北部の船橋などで漁獲されるようになりました。船にくっついて運ばれてきたのではないかといわれています。

こうした来歴を持つ外来種ですが、アサリのような砂抜きもいらず、冷蔵保存もできるホンビノス貝。さらに、年間を通してたくさん取れるなど利点は多く、新たな漁業資源としても注目を集めています。すでに、大ハマグリ、白ハマグリなどといった名前で流通しています。

さて、ホンビノス貝を漢字で書くと「本美之主貝」。「美之主」はビーナス、つまり、愛と美の女神です。この名は、かつて、マルスダレガイ科ビーナス属に分類されていたことに由来します(現在は分類が変わり、メルケナリア属)。イタリアの画家ボッティチェリが描いた絵画「ビーナス誕生」のように、貝の中から女神が登場しそうな風情です。

パカっと開くと、ビーナスが出てきそうなたたずまい

「クラムチャウダー」を作ってみた

あこがれの、本格派クラムチャウダーに挑戦します!

販売元のかねはち水産サイトで、「ニューイングランドクラムチャウダー」という名称で、レシピの紹介があります。ニューイングランドとは、アメリカ北東部地域の呼称。手順はおおまかに、貝を殻ごと白ワインと水で蒸し焼きにして身を別皿に取り出し、野菜やベーコンなどの具材を炒めて小麦粉と貝のだし汁をからめ、貝の身を戻し牛乳を加えるという内容。

やっぱり、砂抜き不要で、すぐ料理できるのは便利ですね。砂抜きが不十分なアサリなどを食べていて、ジャリっと砂を噛むような不快なこともありません。ホンビノス貝は砂地でなく、泥地に生息するため、砂をためこみにくいからです。

完成! 貝の身が大きく、食べ応えばっちり。噛むと歯を押し返してくるような弾力もすばらしい。

「ボンゴレビアンコ」を作ってみた

次に、ボンゴレビアンコをつくってみました。ボンゴレは貝、ビアンコは白という意味。トマトや生クリームなどを使わない、シンプルなオイルベースのパスタです

作り方はシンプルで、貝を殻ごと白ワインと水で蒸し焼きにし、貝が開いたら一度取り出すのはクラムチャウダーと同じ。あとは、別鍋でゆでたパスタとゆで汁、オリーブオイルとともに貝を戻し、乳化させたら完成。貝が大きいので、なかなか映えます。

そのほか、バーベキューやアヒージョなど、さまざまな料理に使えそう。京成船橋駅前には、観光案内所を併設したセブンイレブンがあり、強力にホンビノス貝を宣伝していました。船橋市と同じ千葉県内の富津市では、ふるさと納税の返礼品としてホンビノス貝を提供しています。

あなたも、旨味あふれるホンビノス貝、いかが? 紹介した自販機のほか、かねはち水産サイトなどでも購入できます。

取材・文/木村悦子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。