小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

握った手に自然にフィット!ソニーがPS5向けの次世代VRコントローラーの詳細を発表

2021.03.26

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの公式ブログでPlayStation 5(PS5)向け次世代バーチャルリアリティ(VR)システムについて、新しいVRコントローラーの詳細が発表された。

新しいVRコントローラーでは、従来のゲーム体験を超える没入感と、まるでその場にいるかのような「センス・オブ・プレゼンス」のさらなる追求を目指すという。

デザインは、握った際に自然と手にフィットするオーブ型。手の動きを妨げることなく自由度の高いゲームプレイが可能となる。また、本コントローラーはエルゴノミクス(人間工学)も重視したデザインになっており、握った際もバランスが良く、しっくりと手になじむように設計されている。

左右のVRコントローラーそれぞれにアダプティブトリガーボタンを採用。DualSenseワイヤレスコントローラーと同様に、押し込んだ際に抵抗を感じられると言い、たとえば、ゲーム内で弓を射る際にその弦の引き絞りを指先で感じることができるという。

さらに、新たなVRコントローラーの形状に最適化したハプティックフィードバックを搭載しており、ゲーム内でのあらゆる感触をさらに強力に、あるいは手触りやニュアンスが感じられる表現を可能にする。岩石がごろごろと横たわる砂漠を横断している感覚や、近接攻撃で拳を交わし合う感覚など、感触の違いがはっきりと感じられ、VR体験の要である映像やオーディオをさらに際立たせるとのこと。

加えて、コントローラーには、押さずとも触れるだけで指を認識する機能「フィンガータッチ機能」を親指、人差し指、中指が置かれる3ヵ所に備えており、ゲームプレイ中も自然なジェスチャーによる操作が実現するという。

左のコントローラーには、アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタンを、右のコントローラーには、アナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタンを搭載。

グリップボタンの用途としては、たとえばゲーム内のオブジェクトを「つかむ」といったときに使える。このほか、オーブ表面に点在するトラッキング機構により、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングする。

なお、ソニー・インタラクティブエンタテインメント シニアバイスプレジデント(プラットフォームプランニング&マネジメント統括責任者・西野秀明氏は次のようにコメントしている。

「ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商品企画、エンジニアリング、そしてデザインチームが協力し、現行のVRゲーム体験からの飛躍を目指して新しいVRコントローラーを作り上げました。新たなコントローラーの開発成果に手ごたえを感じますが、一番大切なことはこのコントローラーでどんなゲーム体験がゲームクリエイターさんによって創り出されるかです。まもなく試作バージョンのコントローラーがゲーム開発会社の皆さんのお手元にわたります。本コントローラーを活かした素晴らしいアイディアの数々が待ちきれません」

関連情報
https://www.sie.com/jp/index.html

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。