小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高成長企業のデジタル戦略におけるキーマン、CFOが担う3つの役割

2021.03.25

アクセンチュアの最新調査により、パンデミックによる影響が世界中の企業におよぶ中、最高財務責任者(CFO)は、企業の「経理・財務の守り役」という立場を超え、「事業価値のアーキテクト」や「デジタル戦略の媒介者」へと役割を変えつつあり、CFOの72%が企業のテクノロジーの方針に関する最終決定権を持っていることが明らかになった。

企業のデジタル戦略と実行においてCFOの役割は飛躍的に拡大

調査では、17%のCFOが売上と利益に貢献したと回答した。新たな役割を担い、躍進的なスピードで効果的に業務を遂行するCFOは、3年間でEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)の割合を年平均3.8%から6.9%とほぼ倍増させ、収益における年平均成長率も2.7%から3.0%に増加させている。

高成長企業のCFOが担う3つの役割

経理・財務の守り役:高成長企業のCFOは、他の経営層と連携し、深い洞察のある予測的な示唆を提供し、顧客、チャネル、製品など事業全般にわたり新しい価値の源泉を特定することで、デジタル変革のメリットを最大限に引き出している。

現在、経理・財務業務の60%が自動化されている。2018年時点でCFOが2021年までに従来の経理・財務タスクの45%が自動化されているだろうと予測した値を上回る結果となった。

しかし、デジタル変革が進む一方で、過去2年間に高度な財務モデリングを使用し、将来のリスクや機会を特定していると回答したCFOは、半数以下の43%にとどまった。また、新たな示唆を提供するためにクラウドを活用したと答えたCFOはわずか23%で、クラウドを活用し、新たな価値の源泉を特定したと回答したCFOもわずか16%にとどまった。

事業価値のアーキテクト:高成長企業のCFOは、リアルタイムのデータやモデルによりエンド・ツー・エンドで示唆を導き出し、テクノロジーやデータを活用し全経営層の間で情報を共有している。

CFOの86%が自社のリスクを可視化し、データへのアクセスおよび分析によって、他の経営層との連携の頻度や範囲を拡大させている。

CFOの88%が経理・財務部門の企業との連携や企業への影響力をより活かすための新たな測定基準を導入している。

デジタル戦略の媒介者:高成長企業のCFOは、将来の事業モデルに関する考え方を社内に浸透させ、セキュリティやESGに重点を置いたテクノロジーアジェンダを推進している。

CFOの68%は、企業内のESGパフォーマンスの最終的な責任を経理・財務部門が負っていると回答している。

一方で、CFOの34%は、データやプライバシーの侵害に関する懸念が障壁となり、戦略的変革の推進能力を十分に発揮できないと指摘している。

調査方法

アクセンチュアは、世界の経理・財務部門の上級役職者1,300名以上を対象に、2020年4月から6月にかけてオンライン調査を実施した。また2020年2月から3月に実施した177名を対象とする小規模な調査の結果も反映されている。

さらに、最高財務責任者(CFO)を対象とする40件以上のインタビューによる定性調査を実施し、インタビューの対象者は、世界の各部門、地域で数10億ドル規模のグローバル企業のCFOだった。

また、アクセンチュアは、2020年から2022年にかけての収益とEBITDAへの影響を数値化するため、10の業界における245社のS&P 500企業を対象に、デジタルテクノロジーの展開による予測的なデータを活用した意思決定およびワークロードのゼロからの見直しによるスピードの差別化についてモデリングを行った。

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。