小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2020年に暗号資産の相場はどう変動したのか?

2021.03.24

ビットコインの高騰によって、再び脚光を浴びる暗号資産。この1年あまりで主要銘柄のシェアはどのように変動したのだろうか?

本稿では、20年の相場変動を受けて、暗号資産取引業を営むGMOコインユーザーの取引動向がどのように変化したのか紹介していく。

2019年と2020年「販売所」のシェア

2020年「販売所」のシェアは、ビットコイン(BTC)が51%で最多となった。またアルトコインの中ではリップル(XRP)が20%で最多となった。

2019年のシェアと比較すると、2020年はネム(XEM)のシェアが+10ポイントでもっとも大きく増加、ビットコイン(BTC)のシェアが-17ポイントでもっとも大きく減少、という結果となった。

各銘柄の取扱開始日は以下の通り

・ビットコイン(BTC):2017年5月31日
・イーサリアム(ETH):2017年9月27日
・ビットコインキャッシュ(BCH):2017年9月27日
・ライトコイン(LTC):2017年10月25日
・リップル(XRP):2017年11月29日
・ネム(XEM):2019年12月4日
・ステラルーメン(XLM):2019年12月4日
・ベーシックアテンショントークン(BAT):2020年3月18日
・オーエムジー(OMG):2020年7月22日
・テゾス(XTZ):2020年12月16日

ここからは2020年「販売所」におけるビットコイン(BTC)とアルトコインの月別シェアを紹介していく。

ビットコイン(BTC)とアルトコインの月別シェア

■2020年上半期(1月〜6月)

2020年上半期のシェアは、2月を除く全ての月でビットコイン(BTC)がアルトコインを上回った。

2020年上半期のビットコイン(BTC)価格をみると、1月1日に761,264円で取引が開始された後2月中旬にかけて上昇し、同月13日には2月の高値1,130,393円をつけた。

しかし2月の高値をつけて以降の相場は下落トレンドへ転換し、3月中旬にかけてビットコイン(BTC)価格は大きく下落、同月13日には2020年の安値となる402,022円となった。

その後3月下旬から価格は上昇し、5月7日には再び100万円台に到達するが、6月に入ると価格変動幅が小さい「凪相場」となり、6月の終値968,011円をつけて上半期を終えた。

なおアルトコインがビットコイン(BTC)のシェアを上回った2月の相場をみると、ネム(XEM)の価格が大きく変動した。

2月1日に4.538円で取引が開始されたネム(XEM)の価格は同月12日にかけて上昇し、2月の高値8.173円となった。しかしその後ネム(XEM)の価格は大きく下落し、同月29日には5.052円となった。

■2020年下半期(7月〜12月)

2020年下半期のシェアは、7月〜10月はビットコイン(BTC)がアルトコインを上回ったが、11月と12月はアルトコインがビットコイン(BTC)を上回る結果となった。

11月はアルトコインの相場が大きく変動し、シェアに大きな影響を与えた。中でもリップル(XRP)は、前月10月のシェア(7%)から+32ポイントの39%でもっとも大きくシェアが増加し、ビットコイン(BTC)のシェア(36%)を上回り最多となった。

12月はネム(XEM)のシェアが最も大きく増加し、前月11月のシェア(8%)から+15ポイントの23%となった。またリップル(XRP)は、前月11月のシェア(39%)から-9ポイントの30%となったが、11月に引き続きシェア最多となった。

なおビットコイン(BTC)は2017年12月に記録した高値(2,332,385円)を更新したことで大きな注目を集めたが、前月11月のシェア(36%)から-8ポイントの28%となり、2020年で最少という結果となった。

■まとめ

2020年「販売所」のシェアを紹介した。

2019年と比較すると、2020年はビットコイン(BTC)のシェアが減少し、アルトコインのシェアが増加した。なお2019年に取り扱いがあったアルトコインのうち、2020年にシェアが増加したのは、「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ステラルーメン(XLM)」の3銘柄のみだった。

また2020年の月別シェアでみると、2月、11月、12月は相場の影響を受けてアルトコインのシェアが増加し、ビットコイン(BTC)のシェアを上回った。特に12月は、ビットコイン(BTC)が高値を更新したことで前月11月のシェアから増加するとも考えられたが、-8ポイントの28%と大きく減少し、アルトコインがシェア72%を占めるという結果となった。

出典元:GMOフィナンシャルホールディングス株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。