人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅時間を改善するために買った・買いたいモノTOP3、3位寝具、2位収納グッズ、1位は?

2021.03.24

仕事も買い物も飲み会も、できる限りオンラインで完結させるべきこのご時世。在宅時間が長くなれば長くなるほど、自宅の設備や間取り、汚れなどに対する不満が募り、引っ越しやリフォームを考え始めた人も多いに違いない。

そんな「部屋づくり」に関するアンケート調査がこのほど、インターネット商店街「くらしのマーケット」を運営するみんなのマーケットにより、同サービス会員の585名を対象にして実施された。

住んでいる家に不満がある人は約6割

全体の56.4%が「不満がある」と回答し、「不満はない」を20ポイント近く上回った。

続いて、コロナ禍において在宅時間が長くなった人と変わらない/短くなった人で自宅への不満の有無を比べたところ、自宅への不満が「ある」と答えた割合は「家にいる時間が短くなった/変わらない」人の場合、49.0%と半数を割った一方で、「家にいる時間が長くなった」と答えた人は10ポイント以上高い60.5%となった。在宅時間の増加に伴い、自宅への不満は高まりを見せているようだ。

自宅の不満な部分TOP3は「収納スペース」「汚れ」「間取り」

1位は「収納スペース」(42.7%)、続いて「汚れ」(37.9%)「間取り」(35.2%)となった。具体的なコメントを見たところ、「収納スペース」や「汚れ」についてはコロナ禍において発生したというよりも、元々不満を抱えていたものが在宅時間の増加でより目立ち始めたようだった。

一方、「間取り」や「防音性」「日当たり」については在宅勤務や在宅時間の増加に伴い、不満な点として顕在化した人もいたようだ。「その他」の部分では、「在宅時間が長くなったのでペットを飼いたいが、飼育不可だった」「自動車や人通りが気になる」などの回答が見られた。

■具体的な不満点(一部抜粋)

・在宅の仕事部屋がない。
・和室をフローリングにしたい。
・無機質なプリント合板や安っぽい壁紙をなんとかしたい。
・家を建てるときに収納場所を多くしたのに、貧乏性なので物が増えて困っている。
・間仕切りが多すぎて、部屋が狭くなっている。
・1階の日当たりが悪いので寒い。
・隣家との距離が近いため、思ったよりも生活音が気になる。
・孫が3歳半なんですが、コロナ禍で外出ができないので部屋で走りまわっていたら、下階の住人が何度か『うる
さい』と言ってきました。一番孫が可哀想だし、20年以上住んでいるのに嫌な思いをしています。
・在宅ワークで使っていなかった部屋で仕事をする必要があるが、エアコンをつけていない。ただし、緊急事態宣言が解除されれば使う頻度が減るのでエアコンをつけるか迷っている。

「引越し」は23.6%、「リフォーム」は33.9%が予定ありまたは検討中

「引越し」は23.6%、「リフォーム」は33.9%の人が予定あり、あるいは検討していると回答した。「決まってはいないが検討している」の割合が高いことから、まず自分でできる範囲で改善をしてみて、それでも不満が解消されなければ引越しやリフォームをしようと考えている人の多いことが推察される。

家ナカ時間において改善したい時間は「リビングでくつろぐ時間」と「就寝時間」

改善したい時間として回答が多かったのは「リビングでくつろぐ時間」(30.6%)、「就寝時間」(20.0%)となり、家ナカにおいてはくつろぎ・安らぎの時間を大切にしたいと考えている人が多いことがわかった。

また、3位の「料理・家事をする時間」については、男性は全体の8.5%しか選択しなかった一方で、女性は25.6%もの人が選んでおり、男女で大きく差が出た。在宅時間増加の影響で家事の負担が増した女性が多かったことがうかがえる。

在宅時間を改善するために買った/買いたいものTOP3は「ソファー」「収納グッズ」「寝具」

買った/買いたいものとして選ばれた割合が最も高かったのは「ソファー」(20.3%)、その後に「収納グッズ」(18.3%)、「寝具」(15.7%)が続き、こちらでも体を休めたい、物の整理をしたいというニーズが見えた。また、「調理家電」(12.5%)や「食洗機」(6.7%)といった家事を助ける商品もランクインした。

■買ったもの/買いたいものについて

・在宅作業中の腰痛・肩こり予防のためにパソコン用チェアを購入。
・在宅勤務になって部屋のあちこちが気になるようになってきた。自宅にいるからこそオンオフをちゃんと分けたいのでゆったりリラックスできる椅子またはソファが欲しい。
・ホテルのようなベッドで寝たくて、寝具を買い替えた。
・お茶する時間を充実させるためにお気に入りの椅子とテーブルを揃えてみたい。
・収納グッズを購入し、整理整頓をしてリビングをくつろぎやすくしたい。
・外食が減り、休日に自宅で食事するのが増えた。日頃作らない料理にチャレンジするため調理家電を色々試したい。
・冷凍食品を買いだめするから、冷凍庫の容量を大きくしたい。
・動く量が減ったので健康のために健康器具を買った。自宅での時間を気持ちよく過ごすために花を買うようになった。
・助成金で快適な仕事環境のために空気清浄機能つきのクーラーを購入した。リビングで過ごす時間が増えたのでテレビを買い替えた。

■ストレスや不満を軽減させるためにしたお部屋の工夫

・シーリングライトを明るさや色を用途で変えられるタイプに変えて、夜はリラックスできるようにした。
・リビングにハンモックをつけた。
・エアコンを使う際、埃が舞うのがとてもストレスなので掃除がしやすいように床には物を置かずに、掃除機がスムーズにかけられるように工夫した。
・服をたたまなくて良いように下着以外はすべてハンガーにし、下着も箱に放り込むだけにした。
・収納のプロに来てもらって片付けた。
・LDKが道路から近くてうるさかったので風呂とキッチンの場所を入れ替えて大掛かりなリノベーションをした。

※「くらしのマーケット」調べ

<調査概要>
調査タイトル :「部屋づくり」に関するアンケート調査
調査対象 :「くらしのマーケット」会員の585名
調査期間 :2021年3月4日~3月10日
調査方法 :インターネット調査
調査主体 :みんなのマーケット株式会社

出典元:みんなのマーケット株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。