人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

さりげなく春を身にまとうファッション小物5選

2021.03.27

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 新型コロナウイルス肺炎が本格的に流行し始めた2020年を通じて感じたことのひとつが、季節感を感じられない年になってしまった、ということだ。季節は変わらず巡っているに、それに伴うイベントができないことで人間側の行動というものも季節を感じる上で重要であることを再認識させられた。今回紹介するのは「さりげなく春を身に纏うアイテムたち」である。例年のようにお花見などのイベントは相変わらず難しい今だからこそ、このようなアイテムを身に着けて春を感じると共に、周りの人にも春を感じさせてもらいたいものだ。

指に纏う春『桜の舞う頃に -桜リング-』

『桜の舞う頃に -桜リング-』はシルバー925を素材に使用したリングである。製品名が示しているように、桜の花びらが舞う躍動感のあるデザインが目を惹くリングである。内側のインナーカラーは身に着けてしまうと見えてなくなってしまうのだが、着けはずしするユーザーは目にする部分なのでここからも春の気分を味わうことができるのではないかと思う。

 サイズはLサイズ(リング幅6.0㎜)とSサイズ(リング幅4.0㎜)の2サイズ。また、カラーバリエーションはサクラピンクとブラックの2種類。後者は桜っぽさは薄くなるものの、黒というのは日本の伝統的な器具や衣装でも使われてきた色であり、そのデザインと相まってこちらも悪くないバリエーションだと思う。価格は税込み9,900円。ハンドメイド雑貨のマーケットプレイス「Creema」から購入することができる。

耳に纏う春『ミモザリースのピアス/イヤリング ジャパンヴィンテージ』

 去る3月8日は「国際女性デー」であると同時に、イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれている。日本ではまだそこまで浸透しているとは言えない日であるが、それでも花屋を覗くとミモザの日であることアピールする黒板の書き込みを目にすることができた。そんな春の象徴でもあるミモザをモチーフにしたのがこちらのピアス/イヤリングである。ミモザというのは繊細な姿の花であるため、立体化すると見栄えがなくなってしまったりして難しいところがあるのだが、こちらの製品ではリースという形にすることでもミモザらしさを上手く表現している。花びらのレモンイエロー、茎や葉の浅めのモスグリーンの2色が見るものに元気を与えてくれる。トップパーツに使われている国産のヴィンテージカボションの裏側には、イエローのスパンコールがリース上になっており、こちらもまたミモザを意識したデザインとなっている。ピアスタイプではリース部分を外してトップパーツのみでも使用できるとのこと。

 価格は税込み4,500円から。ハンドメイド雑貨のマーケットプレイス「Creema」から購入することができる。

首に纏う春『草木染二重羽衣マフラー 桜染め』

 見るからに軽くて柔らかそうなこちらのマフラー。それもそのはずで、素材は絹100%だそうだ。ただし、軽くて柔らかそうに見える理由はそれだけでない。重ねられた2枚の生地の間には両端だけが留められた細い糸が何本もあり、これらが自由に揺れ動くことでより軽くて柔らかく、優雅な印象を与えている。個人的には染色の部分も着目しており、ただ単に桜色に染色しているわけではなく本物の桜を使用して染めている点がより本当の春の色を身に纏っている気分になる。少しの違いかもしれないが、自然のものを使っているということで製品ごと、年ごとにその色合いも微妙に異なってくる点でもより特別感を感じることができる製品と言える。

 価格は税込み13,200円。 価格は税込み2,900円。ハンドメイド雑貨のマーケットプレイス「Creema」から購入することが可能だ。

紙に纏う春『優しい春の髪飾り』

 こちらはバレッタと髪飾りがセットで販売されている製品だ。どちらもデザイン自体は共通のものが使われている。桜をイメージしているということだが、それと同時にどこか水引のような日本の伝統的なデザインを感じさせる点も目を惹く。だからといって和服にしか合わないかというとそういうわけではなく、洋服と合わせてもワンポイントとして機能するし違和感のないデザインをしている。

 価格はバレッタと髪飾りがセットになって税込み1,000円。ハンドメイド雑貨のマーケットプレイス「Creema」から購入することができる。

体に纏う春『幸せな小鳥のブローチ(桜)』

 製品名に入っている“幸せな”はどうやらこの小鳥自身のことらしい。確かに夢見るように目を閉じたその表情からは幸せさが漂ってくる。製作者によれば幸福、幸運、満足、リラックス、希望、穏やかさ、恋、安心といった気持ちを表現したかったそうである。どれも今のような時代に必要なものたちだと思う。本体はレジン製。回転式ロックピンが裏側についているので、帽子に着けても良いだろうし、スプリングコートやマフラー、鞄などに着けるのも良いだろう。化粧箱入りなので、出会いと別れの季節でもある今、ギフトとして選ぶも良いかもしれない。

 価格は税込み2,900円。ハンドメイド雑貨のマーケットプレイス「Creema」から購入することができる。

text/Wataru KOUCHI

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。