小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

52階からの眺望と花見が一緒に楽しめる「アンダーズ 東京」2021年春のスペシャルメニュー

2021.03.25

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

52階ルーフトップの「さくらガーデン」や「the SUSHI」初となるランチも

桜の開花を迎え一段と春めいてきた東京。虎ノ門にある「アンダーズ 東京」では、旬の素材を取り入れた春のスペシャルメニューを実施している(注※記載の税込価格に15%のサービス料が加算される)。

〇ルーフトップ バー 「さくらアフタヌーンティー at さくらガーデン」

都内の絶景を見渡せる52階ルーフトップ テラス内トライアングルエリアにて開催される「さくらガーデン」は今年で7回目を迎える。

3月26日~4月11日まで金曜から日曜の期間限定で開催する「さくらアフタヌーンティー at さくらガーデン」(6600円)は、桜をテーマにしたセイボリー、スイーツ、スコーンのアフタヌーンティーを、開放的なテラスエリアで高層階からの絶景と共に楽しめる。

セイボリーの「ビーツとクリームチーズのミルクレープ」は、ビーツのピューレに濃厚なクリームチーズを重ねた桜色が春らしさを演出。スイーツの「桜オペラ」は、グリオットコンフィの上に、桜バタークリーム、桜ガナッシュを重ね合わせた美しい層のコントラストが目を惹く。「桜レアチーズケーキ」は、グリオットジュレが入った桜レアチーズの周りに、ドライフレーズ入りのチョコレートをトッピング。「桜風味のスコーン」には刻んだ桜の葉が入っており、塩気と桜エッセンスの甘さが絶妙な味わいの一品。飲み物には春を感じる桜の日本茶を提供する。

〇「ペリエジュエ フリーフロープランat さくらガーデン」

地上約250mからの夜景を一望しながらお花見を楽しめるプランが「ペリエジュエ フリーフロープランat さくらガーデン」。桜を使用した料理3種に、ペリエ ジュエのグラスシャンパンとドリンク2時間フリーフローのついたプランA(8800円)と、ペリエ ジュエ&ドリンク2時間フリーフローのついたプランB(1万3200円)の2種類が登場。

桜を使った料理のひとつ、桜グラタンは、エスカルゴをガーリックバターでソテーしたコクのあるクリームソースの上に桜の花のパウダー、香草、レモンの皮をあわせたブリオッシュの特製パン粉をたっぷりとかけ、旬の柔らかい筍とともに焼き上げることで、春の美味を閉じ込めた一品。

〇ペストリー ショップ 「さくらスイーツ2021」

1階にあるペストリー ショップでは、毎年好評を博しているお花見のお供にぴったりな桜スイーツを今年も提供する。「桜ボックス」(3186円)は、家族やご友人とシェアするのに最適な8種のスモールサイズの桜スイーツ(桜ショートケーキ、桜オペラ、桜レアチーズケーキ、桜マカロン、桜ロールケーキ、桜チョコレートテリーヌ、桜ムース、桜タルト)の詰め合わせ。

「桜ロールケーキ」は、抹茶のスポンジに小豆を混ぜた桜シャンティーをたっぷりと優しく包み込み、抹茶の緑と桜色のコントラストが見た目にも春らしいスイーツ。「桜チーズケーキ」は、グリオットチェリージュレと杏仁ムースを桜レアチーズで包み、滑らかな口当たりに仕上げている。薄い桜色の艶やかなビジュアルも楽しめる可愛らしい一品。

〇the SUSHI 「サクラちらし寿司 ランチ」

江戸前寿司を提供する「the SUSHI」。最上階52階ルーフトップ バーの奥にひっそりと佇む全8席のスペースで、隠れ家的な雰囲気がある。通常はおまかせコースや好みの握り、巻物といったディナータイムのみの営業だったが、the SUSHI開業以来初となる期間限定のランチ営業を、3月29日~4月9日までの平日に実施する。

提供するメニューは「サクラちらし寿司 ランチ」(4950円)。桜鯛や桜海老といった春に旬を迎える魚を使用したちらし寿司をメインに、グリーンサラダ、シェフおまかせの本日の小鉢2種、味噌汁、季節の果物をコース仕立てで提供する。

2020年9月にthe SUSHIの料理長に着任した中村栄治さんは、15年に渡り海外の日本料理店や5つ星ホテルで研鑽を積み、ベストレストランアワードなど数々の受賞に貢献。寿司のみならず20年以上に渡って培った日本料理の知識や技術を活かし、the SUSHIでも、江戸前寿司や刺身に、伊勢海老の焼物や金目鯛の煮付け、和牛の雪室ビーフのステーキなど和食を組み合わせたコースも提供している。

「コロナ前はインバウンドの宿泊者が6~7割で、the SUSHIも外国のお客様が多かったが、コロナ以降インバウンドが止まってから1年が経ち、逆に日本人のお客様に店を知っていただく機会になった。Go Toトラベルで来ていただいた方も多く、年配の方から若い方まで幅広い年齢層にお越しいただいている。

初のランチ営業では、春らしさのあるちらし寿司をメインにして、寿司カウンターにも桜をあしらい春の訪れを感じていただけるようにしている。特に東京ではお花見がなかなかできない状況なので、桜を見ながらお花見代わりに楽しんでもらえれば」(中村シェフ)

【AJの読み】お花見が難しい状況の東京で、お花見気分を味わえる贅沢な空間

「サクラちらし寿司 ランチ」を試食させていただいた。今回はthe SUSHI初のランチ営業、そしてこちらも初となるちらし寿司の提供ということで、中村シェフも夜のメニューとは違う視点で開発を行ったという。

グリーンサラダには、梅干しの果肉をたたいて、炒りながら粉状にした鰹節を合わせ、醤油や砂糖、酢で作った自家製の梅鰹ドレッシングを合わせており、梅の酸味でさっぱりとしながら鰹節のスモーキーな風味も加わり独特な味わいに。

本日の小鉢は自家製のそら豆豆腐とたけのこの土佐煮。そら豆豆腐はそら豆だけでなく大豆の風味もしっかりと感じられ、おいしさに舌鼓。

「例えばごま豆腐の場合、伝統的な作り方は葛粉を使って練って昆布だしや醤油、塩などで味付けするが、いわゆる“豆腐”とは少し違った感じになっている。今回はおいしい豆乳を使って豆腐感も出したいと思い、そら豆をペースト状にしたものに無調整の豆乳を合わせて、ゼラチンで固めて豆腐の食感と風味を味わえるようにした」(中村シェフ)

メインのばらちらし寿司は桜鯛、鮪、イクラ、雲丹、桜海老に、その日に仕入れた魚介が入る。この日はいかのゲソと鯵。魚は醤油で和えて味がついており、ご飯にもしいたけやかんぴょうの煮たもの、ガリなどを混ぜて味付けをしているのでそのまま食べてもおいしい。私は醤油をつけずに食べたが、各素材の持つ本来のおいしさがより味わえた。好みで醤油をつけながら食べても良いが、何もつけないままで食べるのもおすすめ。

「お刺身のようにスライスした魚をのせるちらし寿司もあるが、醤油をつけるのか、かけるのかなど迷ってしまい食べにくいので、今回は細かく刻んで具材や酢飯にも味付けをして、食べやすくてそのまま食べてもおいしい工夫を施している。鯛、鮪、雲丹といった魚介や、卵やきゅうりなど食感の変化も楽しめる」(中村シェフ)

ランチタイムのドリンクオプションのひとつとして提供しているアンダーズ 東京オリジナルの日本酒「アンダーズ52」(徳利1合・2420円)は、52階と精米歩合が52%とかけ合わせて名付けられた。日本酒伝道師として活動している中田英寿氏がプロデュースし、52階と高所に位置することから気圧まで考慮して作られたという。口当たりがよく、つい飲みすぎてしまいそうだと客からも評判が高く、中村シェフも「自信をもっておすすめできる」とのこと。

the SUSHIからは外の眺望を観ることができないが、食後のデザートは希望に応じてさくらガーデンに場所を移し、日本茶に桜の花びらを浮かべたさくらティ-と共にいただくことも可能。また、the SUSHIは8席という席数なので、ランチの場合も電話もしくは公式サイトから事前予約をした方が確実だ。

さくらガーデンで楽しむモクテル(ノンアルコールカクテル)としておすすめなのが、春メニューの「さくらさくら」(1760円)。桜とローズヒップの自家製シロップ、甘酒、リンゴ、クランベリーを使用し、和菓子と同じく隠し味に塩を使って甘味を引き立てている。トッピングには卵白を使いふわっとした舌触りに。

甘味と共にほんのり酸味も感じ、まるで桜餅をドリンクにしたような“桜感”が。まさにお花見にぴったりの春を感じるモクテルなので、ぜひお試しを。

桜のミニお菓子の詰め合わせ「桜ボックス」は、見た目の味も桜一色。その中から「桜オペラ」と「桜ロールケーキ」を試食。チョコレートで作られた通常のオペラは重いと感じることがあるが、桜オペラはさっぱりと口当たりが軽く、桜ガナッシュを重ねた層もビジュアル映えして春らしさを感じる。

桜ロールケーキは抹茶と桜という、和菓子好きの自分にとってたまらない組み合わせ。甘さ控えめの桜フレーバーの生クリームは優しい味わいで、クリームの中に入ったころりとした小豆が和菓子テイストを感じ、抹茶のスポンジと相性が抜群。

今年も新型コロナの影響で都内はお花見が難しい状況だが、さくらガーデンは52階からの眺望とお花見が一緒に楽しめる贅沢な空間だ。

文/阿部純子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。