小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロボット掃除機のパフォーマンスを最大限引き出す部屋づくりのヒント

2021.03.24

自動で自宅をきれいにしてくれる便利家電・ロボット掃除機。毎日の掃除が格段に楽になる反面、通路に設置することしかできなくて邪魔になったり、入り込めないスペースが多くてフル活用できないといった問題に直面するケースも少なくない。

そこで今回、ロボット掃除機が活躍できる部屋づくりにおける4つのコツを紹介していきたい。

1.家具は“床からの高さ”を意識する

ソファは床足の高いもの、カーテンも床にぴったりつけるのではなく少し離すというように、ロボット掃除機が自由に動くための”床からの高さ“を意識すると、隅々まで掃除が可能になる。

リビングで使うイスも、足の幅が広いものを選ぶと、食卓の下も自由に動いて掃除ができるので、食べこぼしもすぐにキレイにしてくれる。

2.段差がないフラットな部屋にする

季節に応じてカーペットで模様替えする場合は薄さも意識してみると、ひっかからずにカーペットの上まで一気に掃除ができる。部屋の中に段差を作らないようにすると、より最短ルートで時間もかけない掃除が可能となる。

3.“なんでもバスケット”をつくる

帰宅後のカバンや上着、子どもが遊んだままのおもちゃ…ロボット掃除機活用のお悩みで多い“床が埋まる”問題を解消するため、“なんでもバスケット”を一つ用意しよう。

掃除機をかける前は、とにかく決めた場所に入れるだけ。フタがないものにしておくと、放り込めて手間がかからず、そのあとすぐに使うこともできる。

4.“掃除機のホーム”を決める

100均等のパーツを組み立てて、ロボット掃除機のホームをつくるユーザーのSNS投稿も盛ん。

もちろん、上記でご紹介した床足の高い家具の下をホームとするのも、省スペースで良いアイデアだ。あなたのお家のロボット掃除機のホームを最初に確保し、いつでも使えるようにしていこう。

活用のコツは「動線と居場所を確保する」こと。新しくお部屋づくりを考えるタイミングは、こんなポイントを意識し、ロボット掃除機が活躍できる部屋にすることで、いつでもキレイで気持ちの良い自宅環境を整えてみるのはいかがだろうか?

出典元:SB C&S
関連情報:https://www.roborock.jp/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。