小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あきらめるのはまだ早い!毛髪診断士に聞く髪を若々しく育てるヒント

2021.03.21

突然だが、自分の髪は若々しいと自負できるだろうか? 髪の年齢を問われると、実際の年齢より老けているだろうなと感じるなら、まだあきらめてはいけない。髪は心がけしだいで若々しい毛を生やすこともできるという。

そこで今回は、毛髪診断士に、毛髪の老化が気になる場合のケア方法や若々しい髪を生やすための方法を聞いた。

毛髪の老化が進んでいる状態とは?

まずは自分の髪の状態をチェックしてみよう。毛髪の老化が進んでいる状態とは、具体的にどんな城田なのか。毛髪診断士の元井里奈さんは次のように話す。

【取材協力】

元井里奈さん
毛髪診断士(R)/サプリメントアドバイザー/メノポーズ(更年期)カウンセラー。毛髪、栄養学、女性ホルモンに関する幅広い専門知識をもとに、ヘアケアに関するコラムの監修や執筆を行う。娘3才・息子1才を育てるワーママでもある。
https://www.instagram.com/rinam.0922/

●しなやかさが低下する

「人は年齢を重ねるにつれ、毛髪の老化も進みます。毛髪は、簡単に言うと『のり巻き』のような構造になっており、一番外側の海苔の部分がキューティクル、ご飯の部分がコルテックス、具の部分がメデュラ(実際は空洞)といいますが、その約9割を占めるコルテックスが髪のしなやかさや弾力を保っています。

毛髪は大部分がたんぱく質、残りは水分、脂質、メラニン色素などから構成されていますが、老化が進んだ毛髪は、コルテックスの脂質の割合が減り、しなやかさが低下し、もろくなる傾向が強まるといわれています」

●うねり毛が増える

「うねり毛も増加します。加齢により毛髪がダメージを受けやすくなり、コルテックス内のたんぱく質が流出した結果、内部の状態に偏りが出るため、うねりを生じやすくなるといわれています」

●毛量の減少、毛髪が痩せるなど

「他にも、毛量の減少、毛髪が痩せる、コシがなくなる、パサつく、ツヤがなくなるなどの髪質の変化、白髪の増加といった変化も起こります」

髪を若々しく健康に育てる方法

毛髪の老化が進んでいる場合に、どのようなケアをすると若返るのか。元井さんは次の5つを挙げる。

1.洗髪方法の見直し

「すでに生えている髪は、死んだ細胞であるため、若返らせることはできません。新しく生えてくる髪を若々しく健康に育てるためには、健康な頭皮を保つことです。健康な頭皮とは、清潔で、適度な皮脂があり、弾力がある状態をいいます。そのためには、毎日の洗髪方法がとても大切です。次のことを行うのがおすすめです」

(1)洗髪前のブラッシング

汚れを浮かす、血行促進。

(2)予洗い

ぬるま湯で髪と頭皮を洗う。これだけで汚れのほとんどが落ちる。

(3)シャンプーは手で泡立ててから頭皮を洗う

髪だけを洗って頭皮を洗えていない場合が多い。

(4)すすぎはシャンプーの2倍の時間をかけて丁寧に

すすぎ残しが頭皮トラブルの原因になっていることが多い。

(5)トリートメントは頭皮につけない

トリートメントは毛髪を守る目的のもの。頭皮につける必要はない。

(6)優しくタオルドライする

濡れている髪は傷みやすいため、優しく扱う。

(7)放置せず、ドライヤーで乾かす

自然乾燥は雑菌繁殖のもと。

「このほか、頭皮に触れる際は、爪を立てたり、ゴシゴシこすらず、優しく触れるようにしましょう。また、洗髪はできれば夜に行いましょう。夜にあらった後、夜間に分泌される皮脂が、頭皮を日中の外的刺激から守ってくれます」

2.シャンプー剤の見直し

「シャンプー剤は、髪だけでなく頭皮の状態にも合ったものを選びましょう。健康な頭皮の条件の一つに、適度な皮脂を挙げましたが、誤った情報により皮脂を悪者ととらえ、過剰に取り除こうとするあまり、頭皮の健康状態を悪くしているケースが多くあります。

特に40代以降の女性は皮脂の分泌が減っているため、洗浄力の強いシャンプーを使い続けていると、皮脂を奪い去りすぎてしまい、頭皮が乾燥する傾向にあります。

アミノ酸系やベタイン系など、洗浄力のマイルドなシャンプーに切り替えましょう。また、特別汚れている場合を除き、1日に何度も洗髪するのは過剰です。1日に1度で十分ですが、ご高齢の方で皮脂の分泌が少ない場合には、2日に1度でも十分だったりします」

3.頭皮用保湿剤の使用

「ご自分の頭皮に合ったシャンプーを用い、適切な洗髪方法をとっていれば、次第に頭皮の健康が保たれるようになるはずですが、まずは集中的なケアをしたいという場合、頭皮用保湿剤の使用も良いでしょう。

乾燥したり、炎症したりして健康状態を損ねている頭皮を直接ケアすることができます。使う場合は、タオルドライとドライヤーの間に使用し、使用後に頭皮をきちんと乾かすことも大切です。髪や頭皮は弱酸性のため、弱酸性のものを選ぶと低刺激で安心です」

4.サプリメントの摂取

「髪は自分の体が育むものです。食べたもの以外からは作られないため、食べるものを改善することも大切です。このようにお伝えすると、髪に良いとされる特定の栄養素だけをたくさん摂取しようと考える方がいますが、そうではなく、幅広くバランス良い栄養素を摂取しましょう。栄養素はチームで働く性質があるため、不足している項目があると、いくら良い栄養素をたくさん摂っていても十分に役割を果たしません。『自分で健康な髪を生やす力』を取り戻す気持ちが大切です」

5.毛染めやパーマ施術の見直し

「白髪対策のための毛染めや、ボリューム不足対策のためにパーマ施術を頻繁に行っており、そのために頭皮が健康状態を損ねているケースがあります。毛染めやパーマは高頻度に行うのは避け、3週間程度以上は間隔を空けて、頭皮を休ませる工夫をしましょう。毛染めとパーマを両方行う場合は、同日に行うのではなく、2週間程度以上は空けて行いましょう。高頻度に毛染めをしないと、どうしても白髪が気になるという場合には、頭皮への負担が小さいヘアファンデーションを活用するのも手です」

毛髪年齢を上げないための生活習慣

毛髪の老化をこれ以上進行させたくない場合に、どのような生活習慣を心がければいいだろうか。元井さんは次の5つをアドバイスする。

1.良い食習慣を保つ

「毛髪年齢は、体内年齢と同じと言っても過言ではありません。良い生活習慣を心がけることがエイジングケアとなり、そのまま毛髪年齢を上げないことにもつながります。

食習慣については先ほども述べましたが、バランスよく、幅広い栄養素を摂取することを心がけましょう。特に、脂質、塩分、糖分の摂りすぎは体によくありませんので、避けましょう。毎日心がけることができればベストですが、忙しい方にとってむずかしいこともあるでしょう。その場合には、1週間単位で栄養バランスがよくなるように管理すると良いでしょう」

2.睡眠の質の改善

「髪の成長には成長ホルモンが関わっています。成長ホルモンは、1日のうちで睡眠時に一番分泌され、その中でも入眠直後の90分が一番多くなると言われています。その分泌をよくするためには、できれば、ゴールデンタイムといわれる22時~深夜2時に眠っていることが望まれますが、必ずしもこの時間帯に眠っていなければいけない、というわけではなく、生活リズムが大切と考えられています。

毎日の睡眠時間帯を同じとし、生活リズムを整えるように心がけましょう。なかなか眠れないといった場合には、入眠前にテレビやスマホを見ないことや、ゆったりと入浴した後、体温が下がっていくタイミングで就寝するなどの方法もあります」

3.運動習慣を持つ

「頭部は一番高い位置にあり、頭皮に張り巡らされている毛細血管も細いため、血行不良になりやすいと考えられていますが、運動習慣を持つことで全身の血行が良くなり、頭皮の血行促進にもつながります。血行が促進されると、毛髪を生み出す毛母細胞にも潤沢に血液が届き、健康な毛髪の成長につながると考えられます。

また、ストレスも頭皮や毛髪の健康維持に悪影響を及ぼしますが、適度な運動はストレス解消にもつながります。毎日激しい運動を行う必要はありませんが、週に2~3回、30分程度、じんわりと汗をかく程度の運動を続けるのが良いといわれています」

4.紫外線対策

「紫外線も、毛髪へダメージを与えます。顔や肌だけでなく、髪にも紫外線対策をしましょう。具体的には、帽子や日傘の使用、紫外線カットスプレーの使用が挙げられます。紫外線は年中、存在していますので、できればオールシーズン対策することが望まれますが、むずかしい場合には紫外線量が多くなる4月~9月だけでも対策しましょう。それ以外のシーズンでは、アウトドアレジャーを楽しむ日だけは対策するようにするといいですね。

夏場の海水浴は特に、海水によってアルカリ性に傾いた毛髪が紫外線を浴びると、より大きなダメージを受けますので、入念な対策が必要です」

5.タバコを控える

「タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、頭皮の血行を悪くして、健康な毛髪の成長を阻害します。また、喫煙により体内で発生する活性酸素は、全身の老化を早めますが、それは頭皮や毛髪も同じです。タバコは控えるようにしましょう」

若々しい髪は、自分の心がけ次第でこれから生やすことができる。その希望を捨てずに、ぜひ毎日の毛髪ケアや生活習慣に取り組もう。

美容男子、美容女子のマストアイテム!スキンケアやヘアスタイリングに便利なDIMEの付録「LEDビューティーミラー」

 顔まわりの身だしなみを整えるのに役立つ雑誌DIME5月号の特別付録『LEDビューティーライト』。ミラー下部の丸いセンサーにタッチするだけで27個のLEDが点灯。明るい光に照らされることで肌のコンディションはもちろんヒゲや産毛の剃り残しをしっかりと確認できる。

 最近増えているビデオ会議前のチェックや日々のスキンケア、グルーミングにもとても便利なアイテム。『LEDビューティーライト』で美顔をキープすれば、気持ちよく春の新生活を過ごせるはず。パートナーとも共有できる便利なアイテム、この春イチ押しのアイテムだ!

【詳細】https://dime.jp/genre/1105192/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。