小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍の2度目となる花見シーズン、みんなはどう過ごす?

2021.03.20

昨年の今頃、未知のウイルスへの危機感からお花見どころではなかった。あれから1年。これまで蓄えた知識を活かし、新型コロナを正しく恐れたうえで、満開の桜を楽しみたいと考えている人は多いに違いない。

そんな、2021年のお花見事情に関する意識調査がこのほど、株式会社ぐるなびにより、20~ 60代のぐるなび会員1 000名を対象として実施された。

2021年のお花見に関する調査

この春、「お花見をするつもり」はわずか9.2%で「できればしたい」は37.8%。41.8%がお花見を控える傾向であることがわかった。また、お花見をする相手は「家族」「友人・知人」「1人で」が上位にランクインした。

お花見に利用したい食事は「手作り弁当」31.3%に次いで、「飲食店のテイクアウト・デリバリー」が28.9%だった。

お花見をしたい場所は「近隣の公園や河川敷」が最も多く、74.5%。さらに、この春したいお花見のスタイルは「屋外の花見(食事なし)」が最も多く56.8%という結果になった。

■コロナ禍で迎える2度目の春。今年のお花見は「独・近・短」に注目!

(株)ぐるなび
リサーチグループ長
本間久美子

今年の桜の開花は、全国的に例年より早い予想で、お花見シーズンも目前ですが、今年も自粛が要請されています。この春、お花見をする予定はわずか1割となりましたが、約4割は「できればしたい」と、昨年から続く自粛に“リベンジ花見”を果たしたい思いもみてとれました。

一方でお花見をする予定の方は、「1人で」が上位に入っていることや、過ごす場所は「近隣の公園や河川敷」が最多、またスタイルとしては短時間で終えることができる「屋外での花見(食事なし)」が最多であることが、今年ならではのお花見の傾向としてあらわれました。

またお花見のお供の食事としては、昨今飲食店のメニューが豊富になったこともあってか「飲食店のテイクアウト・デリバリー」が上位に入っています。今年は飲食店ならではの本格的なお花見弁当で、ご自宅でお花見気分を味わってみるのはいかがでしょうか?

<調査概要>
調査期間:2021年3月5日(金)~7日(日)
調査方法:WEBアンケート
調査対象:全国
回答者:20代~60代のぐるなび会員1,000名

出典元:株式会社ぐるなび

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。