小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で7割の企業が「社員の健康管理が難しくなった」

2021.03.19

コロナ禍で「メンタル不調者増」は26.5% 、「身体的不調者増」は22.7%

コロナ禍で社員を取り巻く環境が大きく変わったことから、健康管理の難しさを感じている企業が多い。

月刊総務の調査では、健康経営に取り組んでいる企業は約半数であり、コロナ禍によってその在り方に難しさを感じている企業が多いことが判明している。調査結果を見てみよう。

健康経営に取り組んでいる企業は約半数

健康経営に取り組んでいるか尋ねたところ、「取り組んでいる」が52.3%、「取り組んでいない」が40.2%、「わからない」が7.6%という結果になった。(n=132)

 

約7割がコロナ禍で社員の健康管理が難しくなったと感じている

コロナ禍によって社員の健康管理が難しくなった感じるか尋ねたところ、「とても感じている」と「やや感じている」が合わせて69.7%と、約7割が難しさを感じていることがわかった。(n=132)

 

社員の健康管理で実施しているのは1位「健康診断」2位「予防接種」

社員の健康管理で実施しているものについて尋ねたところ、「健康診断」が97.0%で最も多く、「予防接種」が63.6%と続いた。(n=132)

 

7割以上がテレワークになったことで社員の健康に心配がある

テレワークを実施している企業に対し、テレワークになったことで社員の健康に心配があるか尋ねたところ、「とても心配している」と「やや心配している」が合わせて75.9%と、7割以上が社員の健康を心配しているがわかった。(n=112)

2020年2月以降、メンタル不調者増は26.5% 、身体的不調者増は22.7%

2020年2月以降、メンタル不調者および身体的不調者は変化したか尋ねたところ、メンタル、身体ともに約7割は変化なしと回答した。(n=132)

<メンタル不調者>

増えた:26.5%

減った:4.5%

変わらない:68.9%

<身体的不調者>

増えた:22.7%

減った:4.5%

変わらない:72.7%

総評

今回の調査では、健康経営に取り組んでいる企業は約半数であり、コロナ禍によってその在り方に難しさを感じている企業が多いことがわかった。

テレワークになったことによって「対面だと顔色や雰囲気で感じ取ることができていた部分がわからなくなった」という声は多く、実際に身体的不調者やメンタル不調者が増えていると認識している企業もある。

コロナ禍でも社員が安心して働ける職場環境をつくるため、ニューノーマルにおける健康経営について考えていくのも総務の役割の一つだろう。

今回の調査結果でもオンラインを活用した取り組みを始めたという声があった。テレワークが継続・定着することを前提に、これまでの延長ではなく、新しい働き方の中で必要とされる施策を検討することが求められるだろう。 

調査名称:健康経営に関する調査
調査対象:『月刊総務』読者、「月刊総務オンライン」メルマガ登録者ほか
調査方法: Webアンケート
調査期間: 2021年2月16日~2月22日
有効回答数:132件

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。