小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【はたらきガール】シャトー・メルシャン髙野杏奈さん「より良いワインを造るためにひとつひとつの作業に丁寧に向き合っています」

2021.03.23

髙野杏奈さん

シャトー・メルシャン
髙野杏奈さん

1996年生まれ、長野県出身。地元の高校を卒業後、メルシャンへ入社。山梨・勝沼ワイナリーの栽培係として城の平、祝村、鴨居寺、天狗沢の4つのブドウ畑を管理する。醸造管理の仕事も担う。

ブドウ畑の美しさにひと目惚れ。ひと枝の剪定で味が変わります

「高校の校外授業で長野県椀子のブドウ畑を見て、壮大な景観に感動。仕事にできて本当に幸せです」

 メルシャンでブドウ栽培係として働く髙野さん。1年の仕事は冬の剪定から始まる。ブドウの樹を一本一本観察し、高品質のブドウを収穫し続けられるよう、専用の剪定バサミで枝を切り落とす。春に余分な芽を取り除き、新しい枝が垂直に伸びるように固定。枝の剪定、草刈り、農機を操作して薬剤を散布する夏は年間で最も忙しい。秋はいよいよ収穫だ。

「ブドウの実の成熟、その後にワインの完成と、仕事を達成する楽しみが2回ある感覚です。最近は自分で育てたブドウで醸造も経験。より良いワインのため作業ひとつひとつに丁寧に向き合っています」

〈3つのQuestion〉

Q1. 仕事が楽しいと感じる瞬間は?

常に楽しいですが、収穫期は特別。自分の作業でブドウの質が変わると思うとワクワク。出来栄えを褒められるとうれしい。

Q2. 休日のリフレッシュ方法は?

2週に1度、帰省して姪っ子たちに会うこと。本当にかわいくて、いつもお菓子をあげて好かれようとがんばっています(笑)。

Q3. 今後の目標は?

今年したことが、来年、再来年のブドウの出来栄えと、ワインの味に影響します。栽培の仕事を、毎日着実に続けていきたい。

シャトー・メルシャン

取材・文/佐藤太志

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。