人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

緊急事態宣言解除前後で、大阪、兵庫、愛知など6府県の繁華街・飲食店の人出はどう変化した?

2021.03.18

首都圏1都3県に先駆けて、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、福岡県の6府県では、2月28日をもって既に緊急事態宣言が解除されている。

同6府県の繁華街、飲食店の人出が緊急事態宣言前後でどう変化したのかを探るべくこのほど、ライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供するレイ・フロンティアによるデータ分析・調査が行われた。

6府県(大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、福岡県)の繁華街、飲食店の人出

まずは、6府県を代表する繁華街の17時台~23時台の人出を緊急事態宣言前後で比較した。

その結果、緊急事態宣言解除後、人出が減少したのは、「大阪府 ミナミ」(-5%)、「愛知県 栄」(-23%)、「岐阜県 岐阜駅から御浪町繁華街エリア」(-6%)となった。一方で、増加に転じたのは、「京都府 四条河原町エリア」(+6%)、「兵庫県 神戸三宮駅付近」(+15%)、「福岡県 天神駅付近」(+13%)となった。

最も減少率が大きいのは「愛知県 栄」(-23%)、最も増加率が大きいのは「兵庫県 神戸三宮駅付近」(+15%)だと判明した。

繁華街の17時台~23時台の人出(愛知県)

繁華街の17時台~23時台の人出(兵庫県)

次に、6府県の飲食店への来訪者数を緊急事態宣言前後で比較した。

その結果、大阪府はカフェ、ファーストフード、レストランそれぞれ10%前後増加。京都府はファーストフード、レストランが10%前後増加、カフェがほぼ変わりなし。兵庫県はカフェ、ファーストフードが10%前後増加、レストランが4%の増加。愛知県はカフェ、ファーストフードが20%前後増加、レストランが5%増加。岐阜県はカフェがほぼ増減なし、ファーストフードが27%減少、レストランが10%増加。福岡県はカフェが15%増加、ファーストフードが21%増加、レストランが8%増加となった。

愛知県 飲食店来訪者数

繁華街の人出の減少率が大きかった愛知県ではカフェ、ファーストフードの人出が約20%増加。夜の繁華街への外出は避けていたが、アルコールを提供しない場所へ外出する人は多かったことがわかる。

<調査概要・繁華街編>
【期間】
2021/2/21(日)~2021/2/27(土)
2021/ 2/28(日)~2021/3/6(土)

【時間帯】
17時台~23時台

【対象繁華街】
大阪府 ミナミ
京都府 四条河原町エリア
兵庫県 神戸三宮駅付近
愛知県 栄
岐阜県 岐阜駅から御浪町繁華街エリア
福岡県 天神駅付近

※調査元
アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

<調査概要・飲食店編>
【期間】
2021/2/21(日)、2021/2/28(日)

【対象者】
推定居住地が各府県の人
※推定居住地:機械学習により推定された居住地

【飲食店カテゴリ】
osmをベースにカテゴリ化
カフェ、ファーストフード、レストラン(ファミリーレストラン、居酒屋等)

出典元:レイ・フロンティア株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。