小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

みんながやっている耳掃除の方法TOP3、3位スクリュー型耳かき、2位へら・スプーン型耳かき、1位は?

2021.03.22

決して頻繁に行う必要はないものの、気持ちよくてついつい日をあけずにやってしまう人も多いであろう耳掃除。

耳かき棒も先端に綿がついていたり、へらのようになっていたりと様々な形状のモノがあるが、自分なりのこだわりを持っている人も多いのではないだろうか?

そんな「耳かき」に関する意識調査がこのほど、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」により、日本全国の男女を対象にして実施された。

年代が上がるほど耳そうじをする頻度が高い傾向

ふだん「自分の耳そうじ」をするときの頻度について質問したところ、全体では「週に2~3回」、「週に1回」がもっとも多く、それぞれ約2割となった。また、全体の約7割が「週1回以上」耳そうじをしていることがわかった。

年代別にみると「週1回以上」耳そうじをしている人の割合は、上の年代になるほど高くなり、40~50代は割合が高く7割超えだった。さらに、「ほぼ毎日」している人の割合も、上の年代の割合が高い傾向で、30~50代では毎日する人は2割前後となっている。

男女別では、「週1回以上」耳そうじをする人の割合は女性のほうが男性よりも多く、女性のほうが耳そうじの頻度が高いといえる。

耳そうじの方法は「綿棒」が全年代でTOP

次に、どのような方法で自分の耳そうじをしているのか質問した。耳そうじの方法でもっとも多かったのは「綿棒」。30代のみ他の年代よりもやや高い傾向があったが、おしなべて全年代でTOPという結果となった。男女別では、男性よりも女性のほうがやや割合が多いものの、ほぼ同じ傾向だった。

2位は「耳かき(へら・スプーン型)」。「耳かき(へら・スプーン型)」は、年代が上がるほど割合が増え、40~50代では5割超えという結果となった。

3位は、先端がねじのような形になっている「耳かき(スクリュー型)」。「綿棒」や「耳かき(へら・スプーン型)」に比べると全年代で割合は1割前後と多くはないが、年代が上になるほど割合が増える傾向があった。

4位は「指」で、こちらも全年代で割合は少ないものの、10~20代の割合が高く、5位「ティッシュ」も同様の傾向があった。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年1月25日~27日
有効回収数:5252サンプル

※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある。

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。