小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅ワーカーの強い味方!キーボードのUV除菌もできるレイコップのハンディクリーナー「RAYCOP GO」

2021.03.22

中々掃除がしづらいPC周りや本棚のほこり。「吸引」と同時にマウスやキーボードの「UV除菌」もできれば、より清潔な環境で在宅ワークに打ち込めるでしょう。

レイコップ・ジャパンより3月4日に発売された「RAYCOP GO(レイコップゴー) RGO-300JP」は、ハンディクリーナーとしてだけでなく、同時にUV除菌もできるスグレモノ。

そんな「RAYCOP GO」の実力を検証していきます。

組み立てカンタン! 初めてでもスグに使える

まずは「RAYCOP GO」を開封し、組み立てていきます。

内容物は8点。いずれも丁寧にビニールの袋に包まれています。こちらを開封してみます。

内容物は右上から「すきまノズル&すきまノズル用ブラシ」、「UV コネクター」、「ダストボックス」、「メインボディ本体」、「バッテリーハンドル」、「説明書」、「充電アダプター」、「UVヘッド」。

こちらを組み立てていきます。組み立てはとても簡単。

まずはUVヘッドとダストボックスを繋ぎます。ネジやドライバーを使わないため、押し込むだけで簡単に接続できます。

次にダストボックスと本体を接続。こちらも手を使って押し込むだけで、簡単に繋げられます。接続する際は、本体とダストボックスの凹凸を合わせます。

最後にバッテリーハンドルと本体をつなげて……

準備完了! 初めてでもここまでわずか1分で準備ができました。なお、組み立て時に「UVヘッド」を接続しなければ吸引のみの使用が可能。反対にUV除菌のみを利用したい時は、「UVヘッド」+「UV コネクター」+「バッテリーハンドル」の順番で繋げます。

※裏側

それではいよいよ、「RAYCOP GO」を使ってPC周りやお部屋をキレイにしていきます。

※使用前に充電アダプターを使って充電しておきます。充電はバッテリーケースの後部にあるプラグに差し込むことで行え、フル充電に要する時間は約3.5時間です。

ボタン1つで簡単操作

「RAYCOP GO」には、ボタンが1つしかないため、操作に迷うことはありませんでした。バッテリーケースにあるボタンを1度押すと「UVオンリーモード」が起動し、もう1度押すと「UV+標準吸引モード」、さらにもう1度押すと「UV+パワーモード」。最後にもう1度押すと電源はオフになります。

ボタン部のライトの色は「UVオンリーモード」時は青、「UV+標準モード」で緑、「UV+パワーモード」で紫に光ります。

基本的な掃除と除菌は「UV+標準モード」で行います。本体質量はわずか0.89kgなので、取り回しもスムーズ。ソファやカーペットもスイスイ掃除できます。

UV除菌もできるため、家族がよく触れるリモコンなども手軽に除菌できます。また、吸引もできるため、ボタンの間に溜まった除去しにくいほこりなども同時にキレイにできました。

カーペットなどに絡まった髪の毛など、取り除きにくいゴミも「パワーモード」に設定すれば簡単に除去できます。また、運転時にはヘッド部が青く光るため、ゴミが視認しづらいすきまや暗い所の掃除に手間取ることもありませんでした。

もちろん、お部屋やデスクの掃除だけでなく、スーツなど衣類についたホコリや花粉も除去できるうえ、同時にUV除菌で清潔を保つことが可能。

掃除がしにくい本棚や隙間のほこりも、ヘッドを取り換えることで簡単にキレイにできます。

デスク周りもこのとおり、ラクラク除菌掃除できました。「UVコネクター」を装着すれば、最軽量0.52kgになり、UV除菌のみで使用することができます。普段から頻繁にPCを使う在宅ワーカーにも特におすすめです。

標準モードでの運転時間は約28分、パワーモードでの運転時間は約9分となっています。また、UVオンリーモードであれば、約180分の運転ができます。

ワンタッチでゴミ捨てもラク

「RAYCOP GO」はワンタッチで簡単にゴミを捨てられます。

ダストボックスの腹部にあるスライドを前に押し込むことで、フタが開いて中のゴミを捨てることができます。

また、ダストボックス内には「メタルフィルター」と「HEPAフィルター」が内蔵されています。この2つのフィルターは取り外しが可能。

左手に持っているのが「メタルフィルター」で、右手に持っているのが「HEPAフィルター」です。この2つのフィルターとダストボックスを合わせて、3段階でクリーン排気を実現。0.3μmもの超微細な粉塵を99.99%以上キャッチ※します。

メタルフィルター内部に入っているHEPAフィルターは、オレンジ色部分のつまみを回すことで簡単に取り外せます。

※【クリーン排気】韓国生産技術研究院調べ【方法】塩化ナトリウムを速度5.3㎝/秒にて試験C20N230771令和2年10月22日

ダストボックスやフィルターの汚れが目立ってきたら、水で洗うこともできます。水洗いしたダストボックスとフィルター2つは少なくとも24時間乾燥し、しっかりと水気を拭き取ります。

吸引力の検証

組み立てやダストボックスのお手入れがシンプルな「RAYCOP GO」。ですが、気になるのがその吸引力です。そこでカーペットの上にお菓子の破片をばらまき、その吸引力を検証してみました。

UVヘッドを取り外し、標準モードでカーペットの上に散らばったお菓子の破片を吸引していきます。

わずか4~5往復させることで、カーペットの上に散らばったお菓子の破片をほとんど取り除くことができました。とても小さな破片を除去することはできませんでしたが、パワーモードにすることで、ほとんど気にならないくらいキレイになりました。

RAYCOP GO 仕様

質量:0.89kg (最大)
本体サイズ:幅 523.5㎜×奥行 169.0㎜×高さ141.5㎜ (最大)
運転時間:UVオンリーモード 約180分、標準モード 約28分、パワーモード 約9分
充電時間:約3時間30分
充電池:リチウムイオンバッテリー充電池
公式ストア価格:1万9800円 (税込)

【参照】RAYCOP GO

取材・文/髙見沢 洸

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。