人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

著作権法改正後に利用者が大幅減、違法音楽アプリ利用者は人口推計で約64万人

2021.03.18

違法音楽アプリ利用に関する調査結果

今、無料で音楽が聴ける「違法音楽アプリ」が問題視されている。

日本レコード協会によると違法音楽アプリ(MusicFM、MusicBox)の利用者数は、昨年3月の246万人から9月時点で81万人に減少し、10月以降ではさらに64万人にまで減少した(2020年11月時点)。違法音楽アプリの規制強化を目的とする改正著作権法が施行された10月以降の利用者数は、3月時点利用者の246万人と比べ、約4分の1となった。しかしながら、依然として若年層中心に違法音楽アプリの利用は続いている。

 

違法音楽アプリの収益がアーティストに還元されていないと知りながらも使い続けると回答した人は40%

「違法音楽アプリからアーティストにお金が支払われている認識」では、違法音楽アプリがアーティストに還元がないと理解して利用している利用者は、2020年10月以降利用者で39%、2020年9月までの利用者では50%にのぼった。

また、アーティストへの支払いがないと分かったとしても40.0%が利用すると回答しているが、アーティストが反対する場合の利用意向は29.0%まで減少する。

改正著作権法の認知率は全体で46.0%

改正著作権法の認知率は全体で46.0%だった。「人に説明できる」「理解している」に絞ると、割合は26.6%となった。また、違法音楽アプリをやめた理由として「著作権法改正を知ったから」と回答した割合は16.0%にのぼった。

調査概要

調査方法: インターネットWEBアンケート調査
調査期間: 2020年11月27日~12月1日
調査対象: 12~69歳男女、全国20,000サンプル
調査会社: MMDLabo(MMD研究所)

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。