人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ケーブル不要でスッキリ!ワイヤレス音声伝送技術を採用したオンキヨーのワイヤレススピーカーシステム

2021.03.19

音が変われば、自宅はライブ会場になる!「Innovative Wireless Speaker System」

昨今のコロナ禍の状況で、自宅のテレビやオーディオ機器をさらに充実されている傾向があり、薄型テレビの国内出荷台数は、2019年486.7万台に対し、昨年2020年は542.6万台と1.1倍の出荷という結果になっている。

 今回オンキヨーホームエンターテイメントが提案する、テレビやタブレットからの「音」が変われば自宅はライブ会場になる「Innovative Wireless Speaker System」は、接続と設定がとても簡単。

スピーカーケーブルの必要が無い為、スピーカーを自身の好きな場所に設置ができ、さらに4Kなどの高画質な「映像」に見合った「音」で驚きと感動を体感できるスピーカーシステムだ。

世界で60社を超えるブランドが採用する「WiSA TM」ワイヤレス音声伝送技術を採用しており、スピーカーと本体とつなぐスピーカーケーブルの必要がない。またスピーカーケーブルが必要無いワイヤレスでありながら、音声がテレビ画面やタブレットの画面の映像とずれの少ない「低遅延」で送信可能で、なおかつ8チャンネルの高音質音声を同時に送信できる。

Blue-rayディスクや、ライブ配信、Netflixなどの映画配信、YouTube、テレビ放送などで、テレビだけでは聴こえなかった驚きと感動の「音」が聴こえてくると同時に、昨年末に発売された最新のゲーム機などの音も遅延無く、臨場感を味わうことができるのだ。

テレビとの接続は1本のHDMIケーブルのみ。eARC(オーディオ・リターン・チャンネル)と呼ばれる機能が搭載されており、テレビの音声をシステムのスピーカーから再生し、テレビのリモコンのボリュームで、スピーカーの音量を操作する事が可能だ。 

「感動」を生み出すスピーカーは、適度の堅さでムラの無い密度を持つMDF材を採用。小さいながらもずっしりと重く、太く力強い音を再生する。サブウーハーは、スリムデザインを採用、ソファの下などいろいろな場所に設置できる。

その薄いボディから流れる低音は、どの場所に設置してもその迫力は変わりません。センタースピーカーは、フロントスピーカーと同じユニットを2個搭載しており、ボーカルがテレビから飛び出すような臨場感を与えてくれる。

各スピーカーはお好きな場所に置いて電源コードを指すだけでその驚きと感動の「音」を楽しめる。サウンドバーと異なり、各スピーカーを視聴場所によって、間隔や角度も調整できる好きなレイアウトで楽しめるのも魅力的だ。

https://greenfunding.jp/

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。