人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

佐藤可士和コラボ、石川遼モデル、フルメタル電波ソーラー、注目のG-SHOCK新作モデル4選

2021.03.19

新作G-SHOCKに関連する記事を@DIME記事の中から4本を厳選して紹介。

新作G-SHOCK

バンドとベゼルを付け替えられる!クリエイティブディレクター佐藤可士和とのコラボで生まれたG-SHOCK「DWE-5600KS」

佐藤氏は、様々な企業のブランドコミュニケーションのコンセプト構築からデザインコンサルティングまで一貫してブランド戦略を手がけるクリエイティブディレクターだ。 これまでのデザインの概念を覆し、誰もが一目で分かる視覚言語に置き換えて情報の本質を伝達する独自の手法で、数多くの有名企業のロゴや空間デザインなどに携わってきた。 今回、2021年2月3日から始まる「佐藤可士和展」の開催を記念し、これまで各業界で新たな価値を生み出してきた佐藤氏と時計界の常識に挑みつづける“G-SHOCK”は初のコラボレーションを実現した。

【参考】https://dime.jp/genre/1071952/

プロゴルファー石川遼選手とコラボ!ベルトに座右の銘、裏蓋にサインを刻印したG-SHOCK「GM-5600RI20」

石川選手は、過去17回のツアーで優勝を収めるなど、日本の男子ゴルフ界を牽引するプロゴルファーの一人だ。今回カシオ計算機は“G-SHOCK”と石川遼選手との初めてのコラボモデル『GM-5600RI20』を発売した。

【参考】https://dime.jp/genre/1061403/

1989年に発売されたヒット作のデザインを継承!フルメタル化したカシオの電波ソーラーG-SHOCK「AWM-500D/500GD」

1983年の初号機発売以降、デジタル表示の角型モデルのみだった“G-SHOCK”の新たな試みとして、「針が絶対落ちないアナログウオッチ」をコンセプトに開発されたのが、1989年発売の「AW-500」だ。 アナログは針や歯車をはじめとする細かい部品が多いため衝撃に弱いという既成概念を覆し、部品の軽量化で耐衝撃性を向上させたアナログとデジタルのコンビネーション“G-SHOCK”を生み出した。

【参考】https://dime.jp/genre/1061473/

本人のイメージそのままでカッコいい!「G-SHOCK」の八村塁シグネチャーモデル

八村 塁選手は「僕がイメージしたデザインそのままに完成され、すばらしいです。色々なファッションに合いそうで良いですね。僕のロゴが時計に刻まれているのもすごくかっこいいですし、僕にとって重要なシンボルなので嬉しいです」とコメントを寄せている。

【参考】https://dime.jp/genre/1023574/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。