人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークのお伴に!お湯さえあればおいしいお茶が飲めるカップタイプのこだわり日本茶

2021.03.19

■茂木雅世のお茶でchill out!

必要なのはお湯またはお水だけ。

急須などの茶器やお茶の準備も必要ない。

そんなカップのお茶を私は時々、買いためている。

なぜなら、急須を洗う気力もない日やお茶を用意する時間すらない時に、とっても頼りになるから。

カップのお茶というと、紙コップの中にティーバッグが入っていて、そこにお湯を注いで作るというイメージを持つ人が多いと思うが、ここ数年はそれとはまた違った、こだわりのカップ茶がいくつか登場している。

これが結構、手軽でおいしく、そして楽しい。

好みの濃さに調節できるもみだし茶

静岡にある「マルヒデ岩崎製茶」が販売しているもみだし茶は、その名の通り、カップの底にあるお茶が入った部分をもんで、好みの味わいのお茶に出来るお茶。

通常のカップタイプのお茶は、お湯やお水を注ぎ、ティーバッグなどを優しく上下するなどしてお茶の濃さを調節していたが、もみだし茶は、ティーバッグが入っている部分を揉むことが出来るので、揉む回数や強さなどでお茶の味わいに変化を加えられる。

初めて見た時は、なんて画期的な商品なんだろう…なんて思ったが、実はこのもみだし茶、昭和50年台には既に、車内販売などで駅弁と一緒に販売されていたのだという。

ペットボトルの普及とともに段々見られなくなったというが、それぞれの好みに合わせて濃さを調整出来るという点も、あえて一手間加えて作るというところも気に入っている。

また、もみ出すタイプのお茶なので、つめたいお水で作ってもしっかりとした味わいになる点もお茶好きとしては嬉しいところ。

しかも、1つのカップで3煎から5煎ほどまで楽しめる。

静岡県清水のブランド茶である「まちこ」というお茶から、八女茶や宮崎茶、国産のゆずと棒茶をブレンドした「ゆず緑茶」。

更には、シナモンの香りが唐辛子のピリッとした感じを優しく包み込む「とうがらしほうじ茶」まで種類も豊富なので、飲み比べをしても楽しい。

カップの底にお茶の葉が!ありそうでなかったTEA CUP

カップの中に急須が内蔵されてしまっているようなカップタイプのお茶もある。

その名も「Leaf Tea Cup」

カップの中を覗くと、底部分にティーバッグのような素材で出来たフィルターが内蔵されており、その下にはお茶の葉が入っている。

ここに、お湯やお水を注ぐだけで、お茶の葉がゆっくりと広がり、淹れたてのお茶ができあがる。

ありそうでなかったスタイルのお茶だ。

現在販売元の株式会社吉村が、クラウドファンディングのみで販売を行っているが、既に400%を超える応援資金が集まっていることからも、こういう商品を求めていたという人が多いことが感じられる。

ペットボトルのお茶とは、また違った日本茶の魅力を伝えることにこだわり、手軽で便利だから、味は普通ではなくて、味についても茶師と何度も相談し試作して出来上がったというLeaf Tea Cup。

おすすめの楽しみ方は、袋を開けたらまずは、香りを楽しむこと。

かぶせ茶は独特の覆い香、ほうじ茶は香ばしい香り、和紅茶はフルーティーな香りを感じられる。

私はリモートワークの合間に、一煎目はあえて水で。二煎目、三煎目は熱めのお湯で楽しんでみた。

味わいの変化もさることながら、だんだんと広がっていく鮮やかな緑色のお茶の葉を眺めるととても癒された。

コップを洗わなくても良いという点も、ちょっとさぼりたい日に頼りたくなるポイントだった。

オフィスで仕事をすることが、もはや当たり前ではなくなった今日この頃。

仕事の合間に飲むドリンクも変わりつつあるのかもしれない。

急須やポットが自宅にないけれど、おいしいお茶が飲みたいと感じている人にはもちろん、キャンプやBBQ、お花見などでもおいしくてあたたかい(またはつめた~い)お茶が楽しめるカップタイプのお茶はきっと、“お茶”の出番を増やしてくれるはずだ。

もみだし茶→ http://plustea2010.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2405342&csid=0
Leaf Tea Cup → https://www.makuake.com/project/leafteacup/

文/茂木雅世(もき まさよ)

2010年よりギャラリーやお店にて急須で淹れるお茶をふるまい始め、現在はお茶にまつわるモノ・コトの企画・商品プロデュース・コラム執筆やメディア出演などの活動を行っている。
FMyokohama「NIPPON CHA茶CHA」では最新のお茶情報を毎週発信中。
煎茶道 東阿部流師範/日本茶アーティスト/ティーエッセイスト
オフィシャルサイト:https://ocharock.amebaownd.com/
Twitter:https://twitter.com/ocharock

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。