人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

次にブレークするのは?大型アニソンフェスの名物プロデューサーが注目する声優アーティスト5選

2021.04.13

主に本人名義で歌手活動を行なう声優を〝声優アーティスト〟と呼ぶ。90年代に林原めぐみらが示した道筋はすっかり本流となり、今や歌わない声優を見つけるほうが難しくなった。大衆音楽との懸け橋になる若手声優は登場するのか。アニソン界の重鎮に聞いた。

齋藤光二さん

アニメロサマーライブ  統括プロデューサー
齋藤光二さん
2005年の立ち上げ時から参画。〝齋藤P〟の愛称で知られる、アニサマの名物プロデューサー。

そもそもアニサマとは?

正式名称は「Animelo Summer Live」。2005年より毎年夏に開催している、アニメソング版の音楽フェス。2013年以降は3DAYSになるなど、名実ともに世界最大のアニソンライブイベントへと発展。鈴木雅之、氷川きよしら大物アーティストの参戦もたびたび話題に。

より多才な声優の活躍がアニソンシーンを変える!?

 社会現象となった『ラブライブ!』やアニソンシンガーの紅白出場、そして昨年は『鬼滅の刃』の爆発的ヒットによって、主題歌を担当したLiSAの名は普段アニメを見ない層にまで浸透した。アニソンと大衆音楽の間を隔てていた壁は消えつつあるように感じるが、その一方でアニソン界の発展を長く見つめている齋藤光二プロデューサーは、ブーム的状況はすでに様変わりしつつある、と読む。

「マス化という意味でのトレンドは現在も続いています。しかし、アニソンが感度の高い音楽として注目される動きは一旦落ち着き、現在、音楽シーンを牽引するのは、NiziUやYOASOBI、瑛人といった等身大の若い才能。アニソンはそういった新しい波と競い合うフェーズに突入したと考えています」

 2010年代にヒャダイン、オーイシマサヨシなどの人気クリエイターが参入し、アニソンは一躍脚光を浴びた。独自の音楽シーンを再び活性化させる起爆剤として、齋藤プロデューサーは声優アーティストの個性に注目する。

「作品の世界観や映像を前提に音楽を作る性質上、アニソンは楽曲バリエーションを問わないジャンル。多彩な才能が集まるのは当然の流れだと思います。そんな中でも声優ジャンルは独自の文化を形成するだけでなく、演じるキャラクターそのままに歌い、ダンスをし、楽器まで演奏するなど、深化を続けています。もちろん、パフォーマンスだけでなく、表現力や歌唱力が持ち味の次世代声優もいます。音楽の入り口が多チャンネル化した今、お気に入りのアーティストが実は声優だったというケースは珍しくないと思いますね」

齋藤Pが注目する声優アーティスト

TrySail   麻倉もも、雨宮 天、夏川椎菜

TrySail

3人の女性声優からなるトライアングルガールズユニット。2015年、アニメ『電波教師』OPテーマ「Youthful Dreamer」でデビュー。

「声優アーティストの成功の法則のひとつに、声優としての実績が挙げられますが、この3人はいずれも若手トップの人気を誇る実力派。ルックス、歌唱力、ダンスのどれをとってもレベルが高く、ライブパフォーマンスを見てファンになったという人はきっと多いはずです」

楠木ともりさん

楠木ともりさん

2018年、『メルヘン・メドヘン』の鍵村葉月役でアニメ初主演。2020年のデビューシングル「ハミダシモノ」では作詞も手がける。

「声優の魅力のひとつに数多くの役を演じ分ける多面性があると思います。ソロデビューしたばかりの彼女は、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会といったユニットのイメージとは全く違う、アーティストとしての表現力や等身大の魅力を発信してるところがおもしろい!」

内田真礼さん

内田真礼さん

キュートなルックスと明るいキャラクターで、ドラマやCM、グラビアなどにもひっぱりだこ。2014年よりアーティスト活動開始。

「彼女は代表作を挙げたらキリがないほどの人気声優で、その愛くるしく人懐っこい笑顔と歌声で多くのファンを文字どおりトリコにしています。言葉に対する研ぎ澄まされたセンスと表現力は、実力派声優ならでは。その魅力はライブステージでも遺憾なく発揮しています」

早見沙織さん

早見沙織さん

2007年、アニメ『桃華月憚』のヒロイン役で声優デビュー。透明感のある美しい声で注目を集め、2015年よりアーティスト活動開始。

「彼女の歌の特徴はその癒しボイスと高い音楽性です。『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶ役で認知した人も多いかもしれませんが、先入観なしで聴いていただくと、その深い表現力にすぐに気づくと思います。作詞作曲も手がける彼女の独自の音楽活動に、ぜひ注目してみてほしいです」

Roselia   相羽あいな、工藤晴香、中島由貴、櫻川めぐ、志崎樺音

Roselia

メディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』の同名ガールズバンドを演じる声優陣によって結成。作品の枠を超えた人気を博す。

「アニメの世界観そのままに楽器を演奏する『BanG Dream!』発の2番目のガールズバンド。特徴はゴスロリ調のビジュアルとヘビーロックサウンド、そしてパフォーマンスのわかりやすさ。しっかりした世界観と確かな実力、派手なステージングは見た瞬間おぉ! となるはず」

取材・文/仲上佳克

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。