人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

前作は発売10日間で完売!3種類の木樽で熟成させたバレルエイジドビール「バレルフカミダス Batch No.55」

2021.03.17

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

ウイスキーやワインの製造で使用した木樽でビールを熟成させる「バレルエイジ」製法

ヤッホーブルーイングから、木樽で熟成させる「バレルエイジ」技法で製造したクラフトビールシリーズの新製品「バレルフカミダス Batch No.55」(1430円 税込)が、一人2本までの数量限定で、公式通販サイト「よなよなの里」本店にて発売している。

「バレルフカミダス」シリーズは、木樽とビールの「一期一会」をクラフトビール好きに届けするビールで、2013年から製造、今回でシリーズ26作目となる。2020年発売の「バレルフカミダス バーレイワイン B-52」は約1500本が10日で完売。今回の「バレルフカミダス Batch No.55」は2200本の限定販売となっている。

バレルエイジドビールシリーズ「バレルフカミダス」は、ウイスキーやワインの製造で使用した木樽でビールを熟成させる「バレルエイジ」という技法で造られる。この熟成によって木樽に残るウイスキーなどの香りが移り、奥深い香味が生まれるため、より複雑で奥行きのあるクラフトビールが完成するという。

木樽の種類や状態、熟成期間、ブレンドの配合で味わいが変わるため、醸造所や製品によって味わいが全く異なるのが特徴だ。今回使用した木樽は、富士御殿場蒸留所にてモルトウイスキー、グレーンウイスキーの熟成に使われていた2種類計4樽と、海外でウイスキー造りに使用されていたスモーキーな香りが特徴の2樽。

これらの木樽に詰めた原酒はバーレイワイン(麦のワイン)と呼ばれる長期熟成ビールで、レーズンやカラメルを思わせるような甘い香りや、ハイアルコールで重厚感のあるボディが特徴。個性の異なる3種類計6樽の木樽で3ヶ月間熟成させたビールを、ひとつひとつブルワー(醸造家)が手作業でブレンド。さまざまな過程を経て手間をかけて造り上げたビールは、ウッディな香りやダークチョコのような甘味、カラメル感などが幾重にも重なる複雑な味わいになる。

【AJの読み】ビール?ウイスキー?ワイン?

「重すぎない飲み口のため、バレルエイジドビールを初めて飲む方にもおすすめです」とあり、初めてバレルエイジドビールを購入してみた。

香りも楽しみたいとワイングラスに注いだが、泡はほとんど立たない。黒ビール的な苦味やコク、ウイスキーの風味が少し漂うと思ったら、ワインのような酸味、ダークチョコレートのような甘みも感じ、そこに木樽の香りやカラメル香が相まって、複雑な味わいとしか表現できない。ビール?ウイスキー?ワイン?いろいろな要素がブレンドしたのがバレルエイジドビールなのか……。「異次元のフレーバー」という謳い文句も納得。

さまざまな要素のマリアージュであるバレルエイジドビールに合わせるお供もいろいろ試してみるのも面白いと、家にあるものを片っ端から合わせてみた。カカオ含有量の高いダークチョコレートとペアリングすると、酸味のような感覚が。スモークチーズは双方がうまく収まるマリアージュという感じ。意外なところではいぶりがっこと相性が良く(個人の感想です)、これもちょっと酸っぱさが生まれて面白い。

他は何が合うかな~と冷蔵庫をあさっていたが、気が付くと「バレルフカミダス Batch No.55」の瓶が空いていた。375mlなのですいすい飲んでいるとあっという間になくなる。2本目はもっとゆっくりと味わおう。

文/阿部純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。